左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです
 

1つ前のページへ戻る
掲載日:2006年3月14日 パルシステム生活協同組合連合会

ブラジル生まれのチーズパン「ポン・デ・ケージョ」新発売
パルシステムは、3月5回企画より「ポン・デ・ケージョ」を発売します。モッチリとした食感が特徴のブラジル生まれのチーズパンです。子どものおやつやビールのおつまみにぴったりです。

ポン・デ・ケージョのイメージの画像 パルシステム生活協同組合連合会(9会員・会員総事業高1,498億円/会員生協の組合員総数85.3万人)は、個人対応型くらし課題解決事業「パルシステム」3月5回企画(商品お届け3月27日~31日)より、「ポン・デ・ケージョ」を発売します。

 今回発売する「ポン・デ・ケージョ」は、「チーズのパン」という意味で、ブラジル生まれのおやつパンです。小麦粉のかわりに、タピオカとじゃがいものでんぷんを使用し、ナチュラルチーズを加えてもっちりした食感に仕上げました。

 電子レンジで少し温めると、さらにもっちりとして、ふんわりした食感が楽しめます。オーブントースターで温めると、表面がパリッと香ばしい仕上がりに。モチモチの食感がくせになるおいしさです。子どものおやつや、ビールのおつまみにぴったり。ぜひお試しください。

■ポン・デ・ケージョ
価格 5個267円(税込280円)*1個約24グラム
原材料 ポン・デ・ケージョの商品画像タピオカでん粉、鶏卵、ナチュラルチーズ、じゃがいもでん粉、米油、食塩
アレルゲン 卵・乳・(小麦)
賞味期限 製造日より3日(お届け翌日)

*パルシステムはすべてのパンに「イーストフード」を使用していません。
「イースト」は自然界に生息する生き物。この酵母がパン生地の糖分をアルコールと炭酸ガスに分解し、そのガスの作用でふっくらとしたパンになります。一方「イーストフード」はパン生地の発酵を促し、ソフトな食感にするために使われる食品添加物です。「イーストなど酵母の力で発酵させてこそ、小麦粉本来の味が引き出される」と考えるパルシステムでは、すべてのパンにイーストフードを一切使用していません。毎日食べるものだからこそ、安易に添加物には頼らずに、安心して食べられるものをお届けしたい…そのための手間は惜しまないのが、パルシステムのこだわりです。



1つ前のページへ戻る






このページの上へ戻る