左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです
 

1つ前のページへ戻る
掲載日:2006年2月24日 パルシステム生活協同組合連合会

首都圏コープ生消協 第17回通常総会ならびに県別交流会のご案内
パルシステム連合会の取引産地生産者と生協、組合員でつくる首都圏コープ生産者・消費者協議会は、3月2日(木)午前10時より、東京・大井町の品川区立総合区民会館「きゅりあん」にて、第17回通常総会およびフォーラムを開催します。翌3日(金)には、首都圏各地で生産者と消費者の交流を深める「県別交流会」をおこないます。

  パルシステム生活協同組合連合会(9会員・会員総事業高1,498億円/会員生協の組合員総数85.3万人)の取引産地生産者と生協、組合員でつくる首都圏コープ生産者・消費者協議会(112団体・代表幹事 清水清也JAささかみ代表理事組合長、以下:生消協)は3月2日(木)午前10時より、東京・大井町の品川区立総合区民会館「きゅりあん」において、第17回通常総会とフォーラムを開催します。

 生消協は、産直の課題について生産者と消費者が共に考え、語り合っていく場として活動しています。
 今回開催する第17回通常総会では、パルシステム連合会の名称変更に伴う生消協の名称変更をはじめとする規約の見直しが議題の一つに予定されています。

 また、同日午後、同会場で開催するフォーラムでは、「産地ビジョンづくり」をテーマとしたパネルディスカッションを予定しています。2006年度は、この間取り組んできた「産地ビジョンづくり」の取り組みの3年目にあたります。現在までに、15の産直産地より「産地ビジョン」が提出され、経営確立や、高齢化・後継者難の問題、消費者との交流活動についてなど、さまざまな課題が見えてきました。今回のフォーラムでは、ビジョンをどう作っていくかというこれまでの論議から一歩進み、ビジョンづくりから見えてきた課題についての論議をスタートさせる予定です。
 生消協顧問の谷口吉光先生(秋田県立大学助教授)をコーディネーター、同じく生消協顧問の中島紀一先生(茨城大学教授)をアドバイザーとし、生協よりパルシステム連合会 若森資朗専務理事、生産者2名、消費者2名のパネラーにてディスカッションを行います。生産者、消費者、その間に立つ生協・パルシステム連合会の3者がそれぞれ課題を明確にし、今後の産直事業について見つめなおすきっかけとしたいと考えています。

 総会・フォーラムの翌日は、パルシステムグループの会員生協ごとに分かれ、7会場で「都県別交流会」を開催し、生産者と消費者との交流を深めます。これらの総会、フォーラム、都県別交流会などを通じて、あらためて生協産直の意義を共有し、さまざまな課題に取り組んでいきます。

■首都圏コープ生産者・消費者協議会第17回通常総会・フォーラム
開催日時 2005年3月2日(木)総会:10時~12時 フォーラム:13時~16時45分
会場 品川区立総合区民会館「きゅりあん」小ホール(JR大井町駅)
東京都品川区東大井5-18-1
総会議案
1. 2005年度活動のまとめと決算報告、ならびに2006年度活動方針案と予算案提案の件
2. 規約・運営機構補強の件
フォーラムテーマ 産地ビジョンづくりから見えてきたもの

第17回首都圏コープ生産者・消費者協議会通常総会資料

■県別交流会(都県別に1都6県で開催します)
開催日時:2006年3月3日(金)
会場:主催生協と会場は以下のとおりです。
都県 主催生協名 開催会場 開催時間
東京 東京マイコープ 東京プリンスホテル 10:30~14:30
神奈川 神奈川ゆめコープ パシフィコ横浜 10:00~13:30
千葉 エルコープ 三井ガーデンホテル船橋ららぽーと 10:00~14:00
埼玉 ドゥコープ/ユーアイコープ ラフレさいたま 10:00~14:30
茨城 ハイコープ グランドホテル東雲 10:00~14:00
山梨 コープやまなし ホテル ブラン・ドゥ・ブラン甲府 10:00~13:30
群馬 パル群馬 グリーンドーム前橋 10:00~12:30

■首都圏コープ生産者・消費者協議会
生産者・消費者協議会(通称:生消協)は、パルシステム連合会に農畜産物を供給する生産者の皆さんと、連合会・会員生協・組合員がともに協議し、活動する場です。品質向上にむけて、青果・米・鶏卵・畜産と専門部会を持ち、生産(飼育)自主基準と最優先禁止農薬を設定し、農法研究、実験栽培、先進産地の見学、学習会等を行っています。

生産地ごとに、地域環境をトータルに保全する農業(地域資源の有効利用)の確立を目指しています。産直の柱である、食べる人と作る人の相互理解交流の場づくりを、夏のファームステイ、ミニキャンプ、体験交流をはじめとした取り組みや会員生協との共催による産直連続講座を行っています。

設立:1989年2月
参加:生産者、生協、賛助団体など120団体
代表幹事:清水清也(JAささかみ 代表理事組合長)



1つ前のページへ戻る






このページの上へ戻る