左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです
 

1つ前のページへ戻る
掲載日:2006年2月14日 パルシステム生活協同組合連合会

3月より「エネルギー量」と「塩分」の表示を始めます
パルシステムは、3月1回企画より一部の商品で、商品カタログでの「エネルギー」と「塩分」の表示を始めます。表示対象は、単品で主食となる冷凍ピラフや具付きのうどん、冷凍焼きそばなど米飯と麺類です。

「エネルギー量」と「塩分」の表示例の画像 パルシステム生活協同組合連合会(9会員・会員総事業高1,498億円/会員生協の組合員総数85.3万人)は、個人対応型くらし課題解決事業「パルシステム」の商品カタログ『my kitchen』、『Kinari』、『YUMYUM!!』の3月1回企画より、取り扱う一部の商品で、「エネルギー量表示」と「塩分表示」を始めます。

 以前より、生協組合員からの要望が多かった「エネルギー量表示」と「塩分表示」。今回表示を開始するのは、『五訂食品成分表』では確認できない加工品、その中でも単品で主食となる商品である冷凍ピラフや具付きのうどん、冷凍焼きそばなど、米飯および麺類です。

 現在、パルシステムでは、プライベートブランド商品のパッケージに栄養表示を実施していますが、表示は法的に義務化されていないため、もともとメーカーに表示のもとになるデータがそろっていない場合が多いという実情があります。栄養表示を商品カタログに掲載するためにはデータの整理が必要となりますので、対象商品の優先順位を検討し、優先順位の高い、加工品であり、かつ単品で主食となる米飯・麺類より表示を開始します(なお、加工品の中でもデザートは嗜好品のため、表示外としています)。

 一部の商品に限られますが、自分や家族の一日のエネルギー必要量や食塩摂取量と照らし合わせて、一日の食事の中でどれだけのエネルギー量や塩分をとることになるかを確認することができるようになります。パルシステムは、今後も生協組合員の「くらし課題解決」に貢献してまいります。



1つ前のページへ戻る






このページの上へ戻る