左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです
 

1つ前のページへ戻る
掲載日:2005年12月22日
パルシステム生活協同組合連合会

6・7月 環境キャンペーン「エコ・カレンダー」に1万人以上の組合員が参加
パルシステムで、本年6・7月「環境キャンペーン」の一環として、およそ1万3,000人の生協組合員が取り組んだ「エコ・カレンダー」。エアコンの使用を控えるなどした結果、電気の使用量は大幅な削減が見られ、CO2排出量に換算すると3.7%削減されました。

パルシステムの「エコ・カレンダー」表紙の画像) 地球温暖化問題が深刻になる中、パルシステム生活協同組合連合会(9会員・会員総事業高1,498億円/会員生協の組合員総数85.3万人)は、生活者1人ひとりが普段のくらしを見直し、「地球長持ち」のためにできる具体的なくらし方を提案しています。その取り組みの一つとして、本年6・7月の環境キャンペーンでは、生協組合員に「エコ・カレンダー」を無料で配布しました。

 毎日の生活を見直し、CO2の削減やリユース・リサイクルへの意識を高めてもらうことを目的とした初の取り組み「エコ・カレンダー」には、パルシステムグループの1万人以上の組合員が参加しました。

 電気・ガス・水道の使用量などを記入したエコ・カレンダー提出用紙が、環境キャンペーン月間の6月には13,613枚、7月には12,705枚集まりました。各使用量を見ると、電気については平均で前年対比4%弱の大幅な削減がなされました。CO2排出量に換算すると、3.7%の削減となります。組合員の自由記述による「重点的に努力したこと」でも、「エアコンをなるべく使用しない、温度は28度設定で」などの声が多くあがりました。一方で、電気以外の都市ガス、LPガス、水道の使用量については、1~5%増となりました。

エコチェックシート(見本)の画像 エコ・カレンダーに取り組んだ組合員からは、「初めてエコロジーを意識して生活した」、「まだまだやれることがあると気づいた」、「新聞などで環境に関する記事をよく読むようになった」など、環境への意識の向上が見られる意見がたくさん寄せられました。また、「家族がなかなか協力してくれない」など、家族で取り組むことの難しさも感想として寄せられました。

 パルシステムでは、エコ・カレンダーを提出していただいた組合員一人ひとりに、取り組み結果を「エコチェックシート」として返却しました。それを見た組合員より「エコな気分がさらに盛り上がりました」、「エコロジーなくらしに関するアドバイスがほしい」などさまざまなご意見をいただいています。

 一人ひとりの小さな行動が、「地球長持ち」につながる・・・そんなくらしをパルシステムは提案します。
 パルシステムでは今年度以降もエコ・カレンダーを配布する予定で、多くの組合員へ参加を呼びかけてまいります。

資料 2005年度環境キャンペーン 「エコ・カレンダー」の取り組み報告

■エコ・カレンダー回収枚数
生協名 6月分 7月分
東京マイコープ 4,503枚 4,195枚
神奈川ゆめコープ 3,146枚 3,044枚
エルコープ 2,384枚 2,186枚
ドゥコープ 1,086枚 987枚
ユーアイコープ 539枚 489枚
ハイコープ 1,201枚 1,122枚
コープやまなし 555枚 507枚
パル群馬 152枚 137枚
渋川市生協 38枚 38枚
パルシステムグループ合計 13,613枚 12,705枚

■電気・水道・ガス使用量(平均値)
電気(kwh) 水道(m3) 都市ガス(m3) LPガス(m3)
2004年度6・7月 296.6 24.1 25.8 20.8
2005年度6・7月 285.5 24.4 27.3 21.5
前年対比 96.3% 101.2% 105.8% 103.4%

■電気・水道・ガスCO2排出量(平均値)(単位:kg-CO2
電気 水道 都市ガス LPガス
2004年度6・7月 112.2 14.0 47.4 126.6
2005年度6・7月 107.9 14.2 48.9 131.0
前年対比 96.3% 101.2% 103.3% 103.5%

■取り組みの感想
初めてエコロジーを意識して生活してみました。
今まで自分なりにエコロジーに配慮して生活していましたが、エコ・カレンダーをやってみてまだまだやれることがあると気づきました。
「もったいない」の実践
ワンポイントエコライフを見て、それを実際にやるようにしました。
気にしてよく見ていなかったガス、水道、電気の検針票。このエコ・カレンダーに記入することによって発見!使いすぎに気をつけようと思い直すいいきっかけになりました。
カタログを熟読して必要かエコかどうかもよく考えて購入を決めるようにしました。
新聞で環境などについての記事を意識的に読むことにしました。
家族でエコ・カレンダーに取り組む宣言をしました。
節水、節電について子どもにも教えていきます。
私一人でやっているような・・・。家族はなかなか協力してくれません。
自分はしていても、子どもたちがシャワーや歯みがきで水を出しっ放しに。



1つ前のページへ戻る






このページの上へ戻る