左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです
 

1つ前のページへ戻る
掲載日:2005年11月9日
パルシステム生活協同組合連合会

『POCO21』よりブックレット誕生 2冊同時創刊!
パルシステム連合会は、月刊生活情報誌『POCO21』のブックレット・シリーズをスタートします。第1弾として、本誌編集長・橋本克彦氏の連載をまとめた『農は甦る』と、組合員から人気のテーマ『食品表示の読み方』の2冊を同時創刊いたします。

 パルシステム生活協同組合連合会(9会員・会員総事業高1,498億円/会員生協の組合員総数85.3万人)は、月刊生活情報誌『POCO21』のブックレット、『食品表示の読み方』および『農は甦る』の2冊を、11月3・4回企画(注文受付11月7日~18日)にて発売します。

 『POCO21』は、2002年に創刊したパルシステム連合会が発行する月刊生活情報誌で、ノンフィクションライターの橋本克彦氏を編集長とした雑誌です。編集委員には、吉田司氏、佐野眞一氏、久田恵氏を迎え、「2時間で読み解く、食卓の社会情報誌」を合言葉に、幅広いジャンルの社会問題を独自の視点と分析で掲載しています。

 今回創刊する『POCO21』ブックレットは、『POCO21』の視点をそのままに、1つのテーマに絞ってさらに詳しくまとめたものです。今後シリーズ化していく予定で、第1弾として、本誌編集長の橋本克彦氏による連載をまとめた『農は甦る』と、特集で読者より好評を得たテーマ『食品表示の読み方』の2冊を同時に発売します。

 『POCO21』ブックレットは、本誌より1歩踏み込んだ総集編。本誌では詳しく報告できなかった記事の背景や、関連領域を紹介します。ぜひご覧ください。

■POCO21ブックレット『農は甦る』
注文番号 158046
価格 1冊380円(税込399円)
A5サイズ/76ページ/モノクロ(口絵カラー)
内容 橋本編集長が、ライフワークとする農業の現場を、東西南北、歩きに歩いて報告した本誌連載ルポルタージュ。北海道から沖縄まで、その風土によって栽培技術はそれぞれに違っており、土とともに生きる農家の表情も違っている。私たちの食べ物が、どのような人々の苦労と献身によって作られているかを知るために必読の1冊。
POCO21ブックレット『農は甦る』表紙(見本)の画像

■POCO21ブックレット『食品表示の読み方』
注文番号 158054
価格 1冊380円(税込399円)
A5サイズ/76ページ/モノクロ(口絵カラー)
内容 相次ぐ偽装事件を背景に、食品の表示制度はここ数年で大きく変わってきました。表示ラベルはあなたやその家族が食べる食品のことを知る、一番大切な「玄関口」。表示には何が書いてあるのか。表示から何がわかるのか。ぜひ、この1冊で、食品表示の基本や、わかりにくい用語の意味などについて理解してください。
POCO21ブックレット『食品表示の読み方』表紙(見本)の画像

*『POCO21』について詳しくは以下のページをご覧ください。
2時間で読み解く、食卓の社会情報誌『POCO21』



1つ前のページへ戻る






このページの上へ戻る