左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです
 

1つ前のページへ戻る
掲載日:2005年9月9日
パルシステム生活協同組合連合会

商品評価フォーラムを開催します
パルシステム連合会は、9月17日(土)、東京・千代田区の総評会館において初の「商品評価フォーラム」を開催します。このフォーラムは、第三者の有識者らからなる「商品評価委員会」によるパルシステム商品事業の評価を受けて開催するものです。当日は、商品評価委員長より総評をいただき、ご指摘いただいた事項についてパルシステム連合会より進捗状況等を報告いたします。

  パルシステム生活協同組合連合会(9会員・会員総事業高1,498億円/会員生協の組合員総数85.3万人)では、2003年7月に「商品評価委員会」を設置しました。第三者の有識者ら14名に、パルシステムで取り扱っている商品やサービスの品質や安全、表示等に関わる評価・監視・法令適合、社会的に見た到達度を評価いただき、その結果を改善に生かすことを目的としています。

 2004年度は商品評価基準作りをおこない、今年4月から5月にかけて、商品評価委員会をはじめ、会員生協および生協組合員よりこの基準に基づいて、パルシステムの商品やサービスについて評価をいただきました。この評価を受け、来る9月17日(土)、東京・千代田区の総評会館において「商品評価フォーラム」を開催いたします。当日は、パルシステムグループの組合員および役職員をはじめ、お取引先メーカーなど220名が参加する予定です。

 この「商品評価フォーラム」では、商品評価委員会委員長である梅沢昌太郎氏(日本大学商学部教授)より、今回の評価について総評をいただきます。そして、ご指摘いただいた項目についてパルシステム連合会より回答および改善の進捗状況を報告させていただきます。あわせて生協組合員より、パルシステムの商品についての要望や意見などを発表していただく予定です。

 パルシステムでは、生協が社会の一員として求められる責任を果たしながら、事業や活動を進めていくためには、生協の総合評価システムの導入が必要と考えており、商品評価に取り組んでいます。パルシステム連合会では、今回の評価をきちんと受けとめ、より一層、組合員のくらし課題解決に貢献する事業をすすめてまいります。

■商品評価フォーラム
日時 2005年9月17日(土)午後1時30分~午後5時
場所 総評会館2Fホール
東京都千代田区神田駿河台3-2-11 電話:3253-1771
交通 東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅 B3出口より徒歩0分
東京メトロ丸の内線 淡路町駅 B3出口(B3出口まで徒歩5分)
JR中央線・総武線  御茶ノ水駅 聖橋口より徒歩5分

商品評価委員会について詳しくは以下のページをご覧ください。
「パルシステムの商品評価システム」



1つ前のページへ戻る






このページの上へ戻る