左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです
 

1つ前のページへ戻る
掲載日:2005年5月26日
生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合

組合員協力で開発した「産直卵の厚焼きたまご」新発売
パルシステムは、6月3回企画より産直産地である茨城県・八郷町農協の卵を使用した「産直卵の厚焼きたまご」を発売します。埼玉県勤労者生協の組合員9名が開発に協力。かつお節と昆布がきいた和風だしで味をつけました。電子レンジかボイルで簡単に調理できます。

「産直卵の厚焼きたまご」調理例の画像 生活協同組合連合会 生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合(9会員・会員総事業高1,454億円/会員生協の組合員総数77.4万人)は、個人対応型無店舗事業「パルシステム」6月3回企画(商品お届け6月13日~6月17日)より、生協組合員の協力で開発した新商品「産直卵の厚焼きたまご」を発売します。

 組合員とともによりよい商品作りをすすめるパルシステムでは、商品の開発・改善に取り組む組合員のグループ「サポーターグループ」が各会員生協でそれぞれのテーマで活動しています。今回発売する「産直卵の厚焼きたまご」は埼玉県勤労者生活協同組合(ユーアイコープ)(関根正道理事長・組合員2.8万人/本部:埼玉県川口市)の組合員9名が参加するサポーターグループ「こめ・こめ・こめ~る」の協力を得て、首都圏コープ事業連合が開発したものです。

サポーターグループ「こめ・こめ・こめ~る」のメンバー(一部)の画像 サポーターグループ「こめ・こめ・こめ~る」は、「ご飯をもっと食べよう!」をテーマに、「ご飯に合うおいしいおかず」を模索し、今回の商品が生まれました。原料の卵は、茨城県・八郷町農協(代表理事組合長 萩原久/茨城県新治郡)の非遺伝子組み換えのエサで育った鶏の産直卵です。和風だしをきかせて、甘さひかえめに焼き上げました。200名を超える生協組合員にアンケートを実施するなど、味にこだわって開発しました。

 電子レンジもしくは袋ごとボイルするだけと調理も手軽で、1つずつ個包装になっているので、忙しい朝の食卓やお弁当のおかずにどうぞ。ご飯との相性は抜群です。ぜひお試しください。

■産直卵の厚焼きたまご
価格 284円(税込298円) 産直卵の厚焼きたまごの商品画像
容量 80g×3(長さ約9cm)
内容 全卵、砂糖、かつおだし、昆布エキス、ワキシースターチ、食塩、本みりん、醸造酢、こいくちしょうゆ
賞味期限 1年
6月3回は「Kinari」「YUMYUM」のみの企画となります。



1つ前のページへ戻る






このページの上へ戻る