左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです
 

1つ前のページへ戻る
掲載日:2005年5月10日
生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合

新しい産地が加わりました ニュージーランド産のエコ・キウイ供給開始
パルシステムは、5月4回企画よりニュージーランド産のキウイの供給を開始します。今まで、キウイは国産もしくはチリ産のものを取り扱ってきましたが、今回、ニュージーランドを新たに産直産地に加えることで、ほぼ1年中おいしいキウイフルーツをお届けできるようになりました。

エコ・キウイ生産者のウォイスン夫妻の画像 生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合(9会員・会員総事業高1,454億円/会員生協の組合員総数77.4万人)は、個人対応型無店舗事業「パルシステム」5月4回企画(商品お届け5月23日~5月27日)より、「エコ・ニュージーランド産キウイ(ゴールド)」と「エコ・ニュージーランド産キウイ(グリーン)」を発売します。

 首都圏コープ事業連合では、日本の農業を守り育てることを基本にしながら、国際的な商品流通の現実をふまえ、安全で確かな国際提携商品の開発を国際提携基準に基づきおこなっています。

 パルシステムでは現在、国内5産地および海外1産地(チリ)よりキウイフルーツをお届けしています。秋から春にかかけて、国産のキウイが出荷される時期には国産のものをお届けし、それ以外の季節は海外産地のものをお届けしていましたが、5月中旬から6月中旬にかけてお届けできるキウイがありませんでした。1年中おいしいキウイフルーツを生協組合員にお届けするため、今回新たにニュージーランドのキウイの取り扱いを始めました。

 新たに供給を開始する「エコ・ニュージーランド産キウイ」は、有機栽培のキウイフルーツで、徹底した管理体制のもとで出荷しています。栽培においては日本においても有機認証を取得していますが、通関時にくん蒸を受ける場合があるため、「エコ・キウイ」でお届けします。
 ニュージーランドは南太平洋にある南北の島からなる共和国で、北島に位置する産地のタウランガ地区はキウイフルーツ栽培の盛んな地域です。温暖な気候で充分な日照時間や降水量に恵まれ、また、雨量のわりに湿度が上がらないため病気の発生が少なく、有機栽培に適した地です。自然環境を守り健全な土づくりを行うことが病虫害対策につながるの考えで栽培に努めている産地です。

 ニュージーランドでは今がちょうどキウイの収穫シーズン。汗ばむ季節にみずみずしいキウイフルーツは格別の味わいです。ぜひお試しください。

■エコ・ニュージーランド産キウイ(ゴールド)
価格 380円(税込399円)
容量 ゴールドキウイ4玉 300g

■エコ・ニュージーランド産キウイ(グリーン)
価格 285円(税込299円)
容量 5玉 380g
グリーンキウイ

■生産者からのメッセージは以下のページをご覧ください。
ファーマーズネット「とれたて産地通信」5月4回/ニュージーランド マーガレット・ウォイスンさん



1つ前のページへ戻る






このページの上へ戻る