左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです
 

1つ前のページへ戻る
掲載日:2005年3月22日
パルシステム生活協同組合連合会

組合員協力で開発した「いわて花巻の六穀」新発売
パルシステムは、4月1回企画より産直産地JAいわて花巻の雑穀を100%使用した「いわて花巻の六穀」を発売します。埼玉県勤労者生協の組合員9名が開発に協力。「ひえ」「はと麦」「黒米」「きび」「あわ」「赤米」の6種の雑穀をこだわりのブレンドでお届けします。

いわて花巻の六穀 生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合(9会員・会員総事業高1,454億円/会員生協の組合員総数77.4万人)は、個人対応型無店舗事業「パルシステム」4月1回企画(商品お届け4月4日~4月8日)より、生協組合員の協力で開発した新商品「いわて花巻の六穀」を発売します。

 組合員とともによりよい商品作りをすすめるパルシステムでは、商品の開発・改善に取り組む組合員のグループ「サポーターグループ」が各会員生協でそれぞれのテーマで活動しています。今回発売する「いわて花巻の六穀」は埼玉県勤労者生活協同組合(ユーアイコープ)(関根正道理事長・組合員2.8万人/本部:埼玉県川口市)の組合員9名が参加する2004年度サポーターグループ「こめ・こめ・こめ~る」の協力を得て、首都圏コープ事業連合が開発したものです。

 国産の雑穀は国内流通全体の5%ほどという希少なもの。「産直の雑穀が食べたい」という生協組合員の声を受けて、産直産地であるJAいわて花巻の雑穀を100%使用した「いわて花巻の六穀」ができました。「ひえ」「はと麦」「黒米」「きび」「あわ」「赤米」の6種をブレンドしたこの商品ですが、そのブレンド比はサポーターグループのメンバーで何度も試食をくり返して決まったものです。
 白米に混ぜて炊くだけで、粘りが増して香ばしい味わいが楽しめます。「花巻地方では、おじいさん、おばあさんの代までは雑穀を食べていたが、その頃は生活習慣病も少なく、元気な人ばかりだった」(JAいわて花巻の小原広和さん)とか。魅力いっぱいの雑穀、ぜひお試しください。

■いわて花巻の六穀
価格 839円(税込880円)
容量 100g×3袋
内容 ひえ、はと麦、あわ、きび、赤米、黒米
調理法 といだ後の白米3~4合に対して、大さじ1~2杯を混ぜさっとひとすすぎしてください。その後いつもどおりの水加減で炊いてください。

サポーターグループ「こめ・こめ・こめ~る」のメンバー 「家族で気軽に食べられるので、雑穀を食べるきっかけにしてほしいです」。サポーターグループ「こめ・こめ・こめ~る」のメンバー(一部)



1つ前のページへ戻る






このページの上へ戻る