左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです
 

1つ前のページへ戻る
掲載日:2005年3月22日
パルシステム生活協同組合連合会

北海道の産直牛肉使用「こんせん牛の牛肉メンチカツ」新発売
パルシステムは、4月1回企画より北海道の産直牛肉「こんせん牛」を使用した「こんせん牛の牛肉メンチカツ」を発売します。牛肉の風味とサクッとした衣が特徴です。夕食のメインディッシュにどうぞ。

「こんせん牛の牛肉メンチカツ」調理例 生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合(9会員・会員総事業高1,454億円/会員生協の組合員総数77.4万人)は、個人対応型無店舗事業「パルシステム」4月1回企画(商品お届け4月4日~4月8日)より、北海道の産直牛肉使用「こんせん牛の牛肉メンチカツ」を発売します。

 今回発売する「こんせん牛の牛肉メンチカツ」は、北海道の冷涼な気候のなか、健康に育てた産直牛肉「こんせん牛」をたっぷり使ったメンチカツです。玉ねぎの甘みと、隠し味の赤ワインが牛肉のうまみを引き立てています。

 衣をつけた状態を冷凍してお届け。凍ったまま170~180℃に熱した油で5~6分揚げれば、外はサクサク、中はジューシーに仕上がります。お肉の味がしっかりしているので、まずはソースを付けずにそのまま食べるのがおすすめです。アツアツの揚げたてを夕食のメインディッシュにどうぞ。

■こんせん牛の牛肉メンチカツ
価格 380円(税込399円)
容量 3個・270g
原材料 こんせん牛の牛肉メンチカツ【具材】牛肉、たまねぎ、牛脂ヘッド、じゃがいもでん粉、凍結全卵、パン粉、こいくちしょうゆ、ぶどう酒赤、エキス(酵母エキス、魚介エキス、コーヒー、水あめ)、グラニュー糖、食塩、こしょう黒

【衣】パン粉、バッタミックス粉(小麦粉、じゃがいもでん粉、植物性油脂、大豆たんぱく、コーングリッツ、小麦粉、ショ糖脂肪酸エステル(乳化剤)、食塩、キサンタンガム(増粘安定剤))
賞味期限 180日
調理法 170~180℃に熱した油で5~6分揚げてください。

パルシステムの牛肉について

●薬に頼らない飼育を実践しています
産直牛肉産地では、肥育期間中(生後10カ月から出荷まで)の飼料の中に抗生物質は加えていません。薬に頼らない飼育のため、産地によってはハーブ草を餌にまぜるなど工夫をしています。

●地域循環型畜産をめざしています
首都圏コープの産直牛肉産地では、牛の糞尿を敷き料とともに完熟堆肥化して農地に還元したり、地域の食品残さを飼料に有効利用するなど、地域の環境保全型・資源循環型農業のサイクルに組み込まれる畜産をめざしています。

●無理・無駄のない牛肉生産体制をめざしています
首都圏コープの産直牛肉は、牛乳でおなじみのホルスタイン種です。これは、日本では酪農家で生まれるホルスタイン種のオス牛が肉牛用子牛の供給源として一番安定しているからです。日本国内ではホルスタイン種が無理のない生産であり、無理のない品種を選ぶことにより安定した品質で安全な牛肉を生産することが可能になるのです。また、オス牛を肉用として有効利用できれば酪農家にとっても将来性のある経営が可能になり、酪農を支えるためにも重要な生産と言えます。

*産直産地の詳細は下記ホームページよりご覧ください。
(株)首都圏コープ ジャストミート 産地紹介(コープノーザンび~ふ産直協議会(こんせん牛))



1つ前のページへ戻る






このページの上へ戻る