左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです
 

1つ前のページへ戻る
掲載日:2005年2月14日
パルシステム生活協同組合連合会

産直豚肉100%使用 『豚焼肉丼用(タレ付)』 新発売

豚焼肉丼用(タレ付) 生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合(9会員・会員総事業高1,454億円/会員生協の組合員総数77.4万人)は、個人対応型無店舗事業「パルシステム」3月1回企画(商品お届け2月28日~3月4日)より、産直豚肉100%使用の『豚焼肉丼用(タレ付)』を発売します。

 今回発売する『豚焼肉丼用(タレ付)』は、「産直肉100%のものが食べたい」という組合員の声に応えて、パルシステムの産直産地の豚肉を100%使用して作りました。スライスして打ち粉をした産直豚肉に、丼用のたれをセット。肉そのもののうまみやジューシーさが味わえるよう、漬け込みせず、たれを添付としました。肉を冷蔵庫で解凍後、フライパンで両面をこんがりと焼き、最後にしょうゆベースの甘辛い味わいのたれをからめてごはんにのせれば、豚焼肉丼が出来上がります。

 二食分、小分けにしてお届けします。手軽なランチや夜食などにぜひお試しください。

■豚焼肉丼用(タレ付)
価格 380円(税込399円)
容量 260g(肉量90g×2、タレ40g×2)
原材料 調理例【豚肉打ち粉付】豚肉うで、打ち粉(小麦粉、コーンスターチ、食塩、こしょう、パプリカ、しょうが(香辛料)、にんにく、酵母エキス、ナツメグ粉、オニオンパウダー、グラニュー糖)

【添付たれ】しょうゆ、糖類(砂糖、ぶどう糖果糖液糖)、香辛料、発酵調味料、コーンスターチ、みそ、植物性油脂(大豆、菜種)、酵母エキス、リンゴ酢
アレルゲン 小麦
賞味期限 90日

パルシステムの豚肉について。

豚はわずかな環境の変化でも病気を起こしやすいデリケートな動物です。現段階では養豚に抗生物質は不可避ですが、パルシステムの産直豚肉の産地では、安全性とおいしさを追求するためにできるだけ薬に頼らない飼育をめざしています。これは衛生管理の徹底、豚舎の密度を押さえるなど、何より豚の自然治癒力や免疫力を高めることに努め、ようやく実現できたものです。肥育用飼料の大部分を占めるトウモロコシと大豆粕を、分別管理された非遺伝子組み換え品種に切り替えた生産者が多数います。

産直産地の詳細は下記ホームページよりご覧ください。

(株)首都圏コープ ジャストミート 産地紹介

・首都圏とんトン協議会(千葉県・神奈川県・その他)
・山形コープ豚産直協議会(山形県)
・ポークランド・十和田湖高原ファーム(秋田県)
その他、青森県、山形県、秋田県、新潟県、群馬県、茨城県、栃木県、千葉県よりお届けします。



1つ前のページへ戻る






このページの上へ戻る