左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです
 

1つ前のページへ戻る
掲載日:2005年1月6日
パルシステム生活協同組合連合会

スマトラ沖地震・津波被災者救援のカンパに取り組みます

  生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合(9会員・会員総事業高1,454億円/会員生協の組合員総数77.4万人)の会員生協は、インドネシア・スマトラ島沖で発生した地震とそれに伴う津波による被災者救援に向けた緊急カンパに取り組みます。1月10日からスタートする東京マイコープをはじめ、エルコープ、ドゥコープ、ハイコープの4つの生協で募金を呼びかけます。

 昨年の12月26日午前8時(日本時間同10時)ごろ、インドネシア、スマトラ島沖で発生した地震とそれに伴う津波による被害は、状況が明らかになるにつれて増大し、各国の支援活動が本格化してきております。

 私たち首都圏コープグループは、生協活動の重要な精神である「たすけあい」の心を大切にし、これまでも自然災害等に対する被災者救援カンパに取り組んできました。今回の緊急カンパは、首都圏コープグループの個人対応型無店舗事業「パルシステム」の注文システムを使って首都圏コープグループの会員生協が組合員に募金を呼びかけるほか、一部、店舗での受付も行います。お寄せいただいた募金は、各会員生協からそれぞれの関係機関にお届けします。

 被災された皆様の、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

■スマトラ沖地震・津波被災者救援 緊急カンパ
方法 個人対応型無店舗事業「パルシステム」の注文用紙の6ケタ番号にて。
一口200円。
取組生協 生活協同組合 東京マイコープ(増田レア理事長・組合員24.8万人/本部:東京都新宿区)
生活協同組合 エル(平野都代子理事長・組合員12.6万人/本部:千葉県船橋市)
生活協同組合 ドゥコープ(中島拓子理事長・組合員5.3万人/本部:埼玉県蕨市)
生活協同組合 ハイコープ(砂押正男理事長・組合員7.9万人/本部:茨城県水戸市)
各会員生協の取り組みは下記のとおりです。

【東京マイコープ】
パルシステムと店舗とで取り組みます。
受付期間:1月10日(月)~2月11日(金)
6ケタ注文番号:101001
募金お届け先:日本赤十字社
【エルコープ】
パルシステムと店舗とで取り組みます。
受付期間:1月17日(月)~2月4日(金)
6ケタ注文番号:190993
募金お届け先:日本ユニセフ協会千葉県支部
【ドゥコープ】
パルシステムで取り組みます。
受付期間:1月24日(月)~2月4日(金)
6ケタ注文番号:190993
募金お届け先:日本ユニセフ協会/ジャパン・プラットフォーム
【ハイコープ】
パルシステムと店舗とで取り組みます。
受付期間:1月24日(月)~1月28日(金)
6ケタ注文番号:190993
募金お届け先:日本赤十字社
生協によって募金の6桁番号が異なりますのでご注意ください。


1つ前のページへ戻る






このページの上へ戻る