左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです
 

1つ前のページへ戻る
掲載日:2005年1月5日
パルシステム生活協同組合連合会

国際産直商品を原料とした『マスコバド糖黒みつ』新発売

マスコバド糖黒みつ 生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合(9会員・会員総事業高1,454億円/会員生協の組合員総数77.4万人)は、個人対応型無店舗事業「パルシステム」1月3回企画(商品お届け1月17日~21日)より、国際産直産地 フィリピン・ネグロス島のさとうきびを原料とした『マスコバド糖黒みつ』を新発売します。

 国際産直産地であるフィリピン・ネグロス島は、以前は砂糖の島と呼ばれていましたが、1980年代、砂糖の国際価格が暴落したことから砂糖産業が壊滅し、多くの島民が職を失い、深刻な飢餓に見舞われました。このときより、地元のNGO(非政府組織)を中心に、島民の自立を支援する活動がはじまり、首都圏コープ事業連合もその一員として、ネグロスとのフェアトレード、自立支援活動などに取り組んでまいりました。現在は「バランゴンバナナ」や「エコ・シュリンプ」などを民衆貿易品として取り扱っています。

 この「民衆貿易品」の第一号となった商品が、現在もパルシステムで扱っている粉末の黒砂糖『マスコバド糖』です。島で栽培されたさとうきびを丸ごと搾り、ゆっくりと煮詰め、自然乾燥して作っています。

 今回発売する『マスコバド糖黒みつ』は、このマスコバド糖を水に溶かして煮詰め、液状にしたものです。あっさりとしたくせのない味わいですが、煮詰めることで、粉末のマスコバド糖よりも濃厚な風味を出すことができました。液状なので、料理の甘みづけや、ヨーグルトや焼き餅のシロップとしてもおすすめです。

 このマスコバド糖は、ネグロス島の人々の自立支援につながる「民衆貿易」商品でもあります。ぜひご利用ください。

この商品はリユースびんでお届けします。ご利用後のびんは生協が回収しています。
パルシステムのリユース・リサイクル 

マスコバド糖については以下のオルタートレードジャパン(ATJ)のページをご覧ください(新しいウィンドウが開きます)。
マスコバド糖 
オルタートレードジャパン(ATJ) 

■マスコバド糖黒みつ
価格:418円(税込438円)
容量:200ml
原材料:黒砂糖
賞味期限:1年
ヨーグルトのシロップに


1つ前のページへ戻る






このページの上へ戻る