左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです
 

1つ前のページへ戻る
掲載日:2004年11月24日
パルシステム生活協同組合連合会

韓国生協から研修生が来日しています

韓国の韓国生協全国連 イ・ユンゼさん 生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合(8会員・会員総事業高1,443億円/会員生協の組合員総数76.5万人)と友好関係にある韓国の韓国生協全国連(イ・ヒョンモ会長)のイ・ユンゼさんが、11月22日(月)から12月19日(日)までの1ヶ月間、研修生として来日しています。

 首都圏コープ事業連合は韓国生協との交流を1990年に開始し、以来14年に及ぶ相互交流をおこなってきました。今回の視察研修も今年度の交流の一つとして実施しているものです。

首都圏コープ岩槻センターを見学するイ・ユンゼさん(2004.11.24) 来日しているのは、韓国の全国レベルの連合会組織である韓国生協全国連のイ・ユンゼさんです。研修の開始にあたり、「韓国の大学で生協に出会い、卒業後、韓国の生協に就職しました。日本でたくさんのことを学んでいきたいです」と元気に挨拶されました。

 イ・ユンゼさんは全国連合会で広報、教育を担当しており、日本での研修も広報や教育に関わる業務を中心に学ぶ予定です。帰国予定の12月19日までの約1ヶ月間、各物流施設、会員生協の活動などを幅広く見学・研修する予定です。


1つ前のページへ戻る






このページの上へ戻る