左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです

1つ前のページへ戻る
掲載日:2004年6月9日
生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合

原乳にこだわりました「酪農家の牛乳」新発売

酪農家の牛乳

 生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合(8会員・会員総事業高1,317億円/会員生協の組合員総数70万人)の無店舗事業パルシステムは、6月4回企画(商品お届け6月21日~25日)より、「酪農家の牛乳」を新発売します。


 「酪農家の牛乳」は、埼玉県秩父地方および隣接地域の指定酪農家の生乳を75度15秒で殺菌した牛乳です。現在ある商品「うしさんのおちち」をリニューアルしたものです。
 パルシステムでは組合員に出来る限り生乳に近い美味しさをお届けするため、殺菌方法にこだわりを持っています。「酪農家の牛乳」もHTST殺菌を採用しています。このHTST殺菌には、乳質の高い生乳が不可欠です。質の高い生乳の生産は、酪農家の毎日のきめ細やかな衛生管理に支えられています。

 「酪農家の牛乳」という商品名は、このような質のよい原乳を生産している酪農家の誠実な仕事を組合員に伝えることを目指しています。またパッケージに、酪農家と牛を描くことで、酪農家の誠実な仕事ぶりと生き物に対するやさしさを表現しています。色もパルシステムカラーであるグリーンを基調にしました。

 「よい原乳を出すためには牛の乳房を拭くタオルが必要」と生産者から聞いたことがきっかけで、首都圏コープグループでは、1985年より「牛乳産地へタオルを贈る運動」に取り組んでいます。これまでに19回の取り組みを行い、パルシステムの牛乳産地へお届けしたタオルは119万2,000枚となりました。去る6月5日には、「酪農家の牛乳」産地である埼玉県秩父地方でタオル贈呈式を開催し、酪農家の皆さんにタオル4万2,651枚とメッセージ2,604通をお届けしました。生産者と生協組合員がいっしょに、おいしい牛乳づくりに取り組んでいます。

酪農家の牛乳500ml(左)1000ml(右)

酪農家の牛乳
定価 1000ml:188円(税込197円)
500ml:115円(税込120円)


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る