左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです

1つ前のページへ戻る
掲載日:2004年4月26日
生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合

パルシステムにブレンド米「新潟こしひかりブレンド」が新登場

エコらく米

 生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合(8会員・会員総事業高1,317億円/会員生協の組合員総数70万人)の無店舗事業パルシステムは、5月2回企画(商品お届け5月10日~14日)で産直米100パーセントのブレンド米「新潟こしひかりブレンド」を新発売します。

 「新潟こしひかりブレンド」はJA北蒲みなみの「新潟こしひかり」に、JAこまち・JA秋田ふるさとの「秋田めんこいな」を50パーセントずつブレンドしました。

 パルシステムはこれまで原則として産直産地の指定銘柄米をお届けしてきました。冷夏の影響で米不足が心配された平成15年産米も、産地のがんばりでなんとか量を確保し、組合員の皆様に供給してきました。しかし、入札価格に連動した値上げにより、「新潟こしひかり」など高価格帯の産直米の利用が激減し、代わりに値ごろ感のある産直米に予想を上回る注文が集中しました。
 この先、産直米を安定してお届けするために、パルシステムでは買いやすい価格で品質的にも組合員の皆様に満足いただける品揃えが必要と判断し、この度の「独自ブレンド米」の開発を行いました。

 パルシステムでは買いやすさを追求しながらも原料米に妥協せず、15年産の産直米のみを使用したブレンド米を開発しました。今回の「新潟こしひかり」50パーセント、「秋田めんこいな」50パーセントという組み合わせは、職員や生協組合員が何度も試食を繰り返し、納得した味を実現したもの。粘りのあるもっちりした「新潟こしひかり」とさわやかな食味の「秋田めんこいな」の相乗効果で「新潟こしひかり」ファンも納得のおいしさを実現しました。

■新潟こしひかりブレンド(エコらく米)

価格 5kg 2410円(税込2530円)*506円/1kg
注文番号 112
ブレンド比 新潟こしひかり50%・秋田めんこいな50%
産地 JA北蒲みなみ・JAこまち・JA秋田ふるさと

【「新潟こしひかりブレンド」の産地について】

○JA北蒲みなみ http://www.farmersnet.net/user/kitakan/index.html
 五頭連峰の湧水と阿賀野川の清流で、稲作と酪農を中心とした農業を行っています。平成10年のJAささかみの水害で不作になったときに、JAささかみの応援出荷をしたのがパルシステムとの取引の始まりに。新潟県の特別栽培認証を受け、減農薬、減化学肥料栽培はJAで認証管理しています。県内でも有数の堆肥センターがあり、牛糞と籾殻を発酵堆肥として使用。地域資源循環型農業を実施しています。

○JAこまち http://www.farmersnet.net/user/komati/
 秋田県南部に位置し、雄物川、皆瀬川流域に拓けています。雄大な栗駒山系の雪解け水はこまち管内が“酒のまち・東北の灘”と言い伝わるほど清く豊かな流れとなり、その清流が県下でも有数のおいしいお米を育てています。稲作と畜産が盛んなこの地は「自然のリサイクル」が行われており、収穫後の稲作が牛の飼料となり、牛の糞尿は堆肥へと利用し地域持続型農業を実践しています。

○JA秋田ふるさと http://www.farmersnet.net/user/akitaful/
 秋田県内陸南部の横手盆地中央に位置し、東は奥羽山脈を源流とする雄物川水域に肥沃な水田が広がり、県内でも有数な有畜複合農業地域です。安全で、味と品質が一定しています。畜産も盛んで、稲わらと牛豚厩肥を混ぜた完熟堆肥を使用し、資源循環型農業を行っています。



1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る