左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです

1つ前のページへ戻る
掲載日:2004年4月23日
生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合

新しい鶏肉産直産地が加わりました 『鹿児島若鶏』新登場

 生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合(8会員・会員総事業高1,317億円/会員生協の組合員総数70万人)の無店舗事業パルシステムは、5月1回企画(商品お届け5月3日~7日)より鶏肉に新しい産直産地を加え、『鹿児島若鶏』を新発売します。

 組合員のご利用の増加に応え、パルシステムでは鶏肉の産直産地に鹿児島県の指定農場を加えることとなりました。これまでの米沢郷牧場の『米沢郷鶏』、までっこチキン生産者連絡協議会の『岩手若鶏』に今回の『鹿児島若鶏』が加わり、若鶏は5月から3つの産直産地よりお届けします。

 『鹿児島若鶏』は、日本屈指の鶏肉産地である鹿児島県内の104ある指定農場(4月現在)からお届けします。パルシステムの他の鶏肉産地と同様、全飼育期間を通じて抗生物質を飼料に添加せず、開放鶏舎で飼育しています。さらに飼料の主な原料であるとうもろこしは、非遺伝子組み換えのものを使用。腸内環境を整えるといわれる緑茶抽出物を飼料に配合しているのも特徴のひとつです。
 また、親鶏からふ化場、生産農場、食肉処理場、加工工場と、卵の段階から商品になるまですべて鹿児島県内で行われ、「鹿児島くみあいチキンフーズ(株)」が管理しています。原料から農場まで、飼育情報を追跡することができます。

 5月1回企画では、『鹿児島若鶏』を使ったモモ唐揚と照焼チキンが登場します。鶏本来のうまみと食感を生かし、なじみのある食べやすい味を追求しました。5月1回の初回企画ではお試し価格でお届けします。ぜひご利用ください。
 尚、今後も『鹿児島若鶏』の新商品が登場しますのでご期待ください。

岡元新一郎農場の岡元さん夫妻 岡元新一郎農場
生産者の岡元新一郎農場の岡元さん夫妻とその農場

【鹿児島若鶏 資料】

生産者から組合員へのメッセージ
鹿児島若鶏の農場付近の風景
鹿児島若鶏の農場付近はこんな風景が広がっています。
・「真心こめて育てた鶏です。わっぜウンマかで、どっさい食べてください(とてもおいしいので、たくさん食べてください)」(尾野隼人さん)

・「おいげんケイ肉は安心安全やっで、じゅっぱいくっくいやい(我が家の鶏肉は安心安全なので、いっぱい食べてください)」(桑鶴幸雄さん)

・「若鶏はウンマカドー!!(若鶏はおいしいぞー!!)」(川畑雅美さん)

【鹿児島若鶏モモ唐揚(しょうゆ)】

価格 465円(税込488円)300g 鹿児島若鶏モモ唐揚(しょうゆ)
お試し10円引きの価格です。
注文番号 447
原材料 鶏モモ肉、衣(でんぷん、小麦粉、パン粉、全卵粉末、ブドウ糖)、醤油、でんぷん、糖類(砂糖、ブドウ糖)、食塩、香辛料、酵母エキス、揚げ油(大豆油)
賞味期限 180日
アレルゲン 卵・麦
次回企画 6月1回

【鹿児島若鶏照焼チキン】

価格 371円(税込389円)100g×2 鹿児島若鶏照焼チキン
お試し10円引きの価格です。
注文番号 501
原材料 鶏モモ肉、醤油(小麦、大豆含む)、りんご発酵物、糖類(果糖ブドウ糖液糖、砂糖)、発酵調味料、でんぷん、酵母エキス、食塩、白こしょう)
賞味期限 180日
アレルゲン
次回企画 6月1回


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る