<<1つ前のページへ戻る

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

2004年度 首都圏コープグループ政策討論集会を開催します

2004年3月5日
生活協同組合連合会
首都圏コープ事業連合

 生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合(8会員・会員総事業高1,317億円/会員生協の組合員総数70万人)は、3月10日(水)、東京都墨田区のKFCホール(国際ファションセンター)において2004年度首都圏コープグループ政策討論集会を開催します。

 2003年度、首都圏コープ事業連合は、「パルシステムの食の安全や透明性の確保に向けた取り組み強化と積極拡大」をテーマに、商品点検をはじめとして業務機構の改革をすすめながら、パルシステムの積極拡大に取り組んできました。現在、2003年度の実績を踏まえ、2004年度に向けた方針論議を、8つの会員生協とともに進めています。

 2004年度首都圏コープグループ政策討論集会は、会員生協が一堂に会して、首都圏コープグループの2004年度事業方針案の重要課題をめぐった討議を進め、基本とする方向性と問題意識の共有化を図ることを目的に、会員生協の役職員を中心に約200人が集まります。当日は記念講演として、慶応大学教授の金子勝氏にご講演いただくほか、首都圏コープ事業連合の2004年度事業方針案・重点課題に関する基調提案、会員生協の取り組み報告を予定しており、首都圏コープグループが2004年度に進む方向について掘り下げた論議と確認を行っていきます。

日時 2004年3月10日(水)
場所 KFCホール(国際ファションセンター 10階101〜103会議室)
東京都墨田区横網一丁目6番1号(下記案内参照)
電話:03-5610-5801
内容 【第一部】 記念講演「日本の経済大転換期」
講師:慶応大学教授 金子勝氏
基調提案「2004年度事業方針案の重点課題について」
【第二部】 会員生協報告 (1)「損益改善のための経営指標作りについて」
(2)「機関運営改革について」
連合会報告 (1)「商品・産直」〜食の安全確保、商品の点検・改善・開発、産直強化の取り組み
(2)「事業」〜パルシステム拡大、パルシステムブランド浸透について

■会場案内

地下鉄 都営地下鉄大江戸線「両国駅」A1出入口に直結。

JR ・中央・総武線「両国駅」東口より徒歩約6分。
東口改札より線路沿いを千葉方面へ向かい、突き当たり大通りを左折しガードをくぐり、約200m先左手25階建てビル。

・中央・総武線「両国駅」西口より徒歩約7分。
西口改札より両国国技館と江戸東京博物館の間の歩行者用通路に沿って、突き当たりを右折。両国中学校と江戸東京博物館の間のレンガ道を進み大通りを左折し、約50m先左手25階建てビル。

KFCホール地図
KFCホール地図

目次に戻る
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●