<<1つ前のページへ戻る

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

北海道 野付漁協の「浜のかあさん料理教室」を首都圏各地で開催します

2004年2月5日
生活協同組合連合会
首都圏コープ事業連合

 生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合(8会員・会員総事業高1,317億円/会員生協の組合員総数70万人)は、無店舗事業パルシステムの産直産地、北海道別海町の野付漁業協同組合(佐藤豊代表理事組合長、組合員278人)の女性生産者による「浜のかあさん料理教室」を2月5日(木)神奈川県を皮切りに、首都圏各地で開催します。

 パルシステムの商品「ふーどのほたて」でおなじみの北海道野付漁協ですが、商品以外でも野付漁協、北海道漁連、首都圏コープ事業連合の三者で「海を守るふーどの森づくり基本協定」を結び、豊かな海を守る「植樹活動」に生協組合員が参加するなど、交流を深めています。さらに、昨年11月21日には、首都圏コープ事業連合が仲介役となって新潟県のJAささかみ農業協同組合(清水清也代表理事組合長、組合員1,885人)と友好協同組合協定に調印し、農協と漁協の新たな協同組合間提携としても注目を集めました。

 野付漁協の女性生産者を招いての「浜のかあさん料理教室」は今年で3年目となります。毎年、会場を増やし、今年は首都圏コープグループの7つの生協で開催します。各会場それぞれ3人の「浜のかあさん」を講師に招き、北海道の産物を使って、「ほたてご飯」、「秋鮭のちゃんちゃん焼き」、「あさりのみそ汁」など「浜のかあさん」たちがふだん作っているお料理を教えていただく予定です。

【浜のかあさん料理教室 スケジュール】

日時 生協名 会場
2月5日(木)
10:30−13:00
神奈川ゆめコープ てくのかわさき
神奈川県川崎市高津区溝口1−6−10
2月6日(金)
10:00−13:00
ハイコープ ハイコープつくばセンター
茨城県つくば市千現1丁目17−22
2月19日(木)
10:00−13:00
エルコープ 市川男女共同参画センター
千葉県市川市市川1−24−2
2月20日(金)
10:00−13:30
コープやまなし 県立総合女性センター
山梨県甲府市朝気1−2−2
2月21日(土)
10:00−13:00
ユーアイコープ 与野本町コミュニティセンター
埼玉県さいたま市中央区本町3−5−43
2月26日(木)
10:00−13:00
東京マイコープ 新宿消費生活センター
東京都新宿区高田馬場4−10−2
2月27日(金)
10:00−13:00
ドゥコープ すぺーす・ドゥ
埼玉県さいたま市白幡5-17-1

昨年行われた「浜のかあさん料理教室」の模様
「遠い所から北の新鮮、贅沢な食材をたくさん持ってきていただきありがとうございました。生のほたてとってもおいしかったです」、「植樹活動に2回参加しました。海を守るには森を守らなければいけない、に大賛成です。がんばってください」等の感想が参加した組合員から寄せられました。


■資料

海を守るふーどの森づくり基本協定と野付植樹協議会

・首都圏コープ事業連合、野付漁協、北海道漁連三者が提携し、2001年6月に調印しました。
・資源循環型漁業の発展を推進し、都市と漁村の人的交流等の事業として一層推進するために、首都圏コープ事業連合と、野付漁業協同組合、北海道漁業協同組合連合会の三者で締結するものです。
・三者は、首都圏コープ事業連合の「theふーど」の産地である野付(のつけ)で、森をつくるための植樹活動を行い、地球環境と、生命の源である海を守り、豊かにすることを目的としています。
・三者の具体的な事業として、(1)苗木の購入と植樹活動を行う(2)植樹した樹木の管理を行う(3)その活動を、三者とともに町及び森林組合等の協力の下に実施する(4)交流をはじめとした、その他必要な活動を行う(5)資源循環型水産物と産直加工品の生産の推進を行うことを掲げています。
・協定を具体化していく上で、この協定の目的に賛同する団体等による「植樹協議会」を構成し、活動を行っています。



野付漁協・JAささかみ 友好協同組合協定

JAささかみと野付漁協は、地域の資源循環・環境保全型の持続可能な農業、漁業に取り組み、パルシステムの「theふーど」商品を通して首都圏コープ事業連合と提携を行なっています。共通の理念を持ち合わせている異業種の両組合が提携し、共にその関わりを学ぶことで、農業と漁業のより良い共生をめざし、都市と農村・漁村の新たな人的交流を進め、心豊かで快適なフィールドづくりを創造することを目的に、2003年11月21日に首都圏コープ事業連合が仲介役を務め、友好協同組合協定を結びました。

締結された協定書では、協同事業として(1)資源循環・環境保全型農業と漁業の更なるフードシステムの実践と相互理解(2)組合役員・職員・組合員各層の人的交流(3)「theふーど」をはじめとする商品の相互紹介(4)ささかみ食農協および野付植樹協議会の相互交流の4つの活動を展開することを確認しました。

目次に戻る
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●