<<1つ前のページへ戻る

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

2月1日 埼玉県で「わたしたちのまちと暮らしを考えるシンポジウム」を開催します

2004年1月27日
生活協同組合連合会
首都圏コープ事業連合

 生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合(8会員・会員総事業高1,317億円/会員生協の組合員総数70万人)の会員生協である生活協同組合ドゥコープ(中島拓子理事長・組合員4.9万人、本部:埼玉県蕨市)が支援する「社会福祉法人ぱる」は、2004年2月1日(日)戸田市文化会館にて「わたしたちのまちと暮らしを考えるシンポジウム」を開催します。

 「いつまでもこのまちで暮らしたい」というのはだれもが願っています。ドゥコープの福祉事業として2003年11月に設立した「社会福祉法人パル」が主催するこのシンポジウムは、年をとって病気やケガをしたり、障害をもったりして手助けが必要となっても、自分らしく納得できる暮らしができるような、そんなまちづくりを考える場として開催します。

 当日は、立教大学コミュニティ福祉学部教授 高橋紘士さんをお招きして「高齢者介護の明日を考える」と題してご講演いただきます。また後半では、ジャーナリスト村田幸子さん、厚生労働省老健局振興課長の香取照幸さん、特別養護老人ホーム「いきいきタウンとだ」施設長西村美智代さんをパネリストに、日本テレビキャスター町亞聖さんの司会で「わたしたちのまちと暮らしを考える」をテーマにディスカッションを行います。ぜひこの機会に、みんなでいっしょに私たちのまちと暮らしを考えてみませんか。多くの方のご参加をお待ちしております。

■わたしたちのまちと暮らしを考えるシンポジウム
日時 2004年2月1日(日)13時開会(12時30分開場)
場所 戸田市文化会館 大ホール
戸田市上戸田4-8-1
電話:048-445-1311
交通 JR埼京線「戸田駅」徒歩7分
参加費 無料
主催 社会福祉法人ぱる
後援 戸田市/生活協同組合ドゥコープ
講演 「高齢者介護の明日を考える」
講師 高橋紘士さん(立教大学コミュニティ福祉学部教授)

●お申し込み・お問い合わせ先
介護ステーションぱる戸田 電話 048-434-6205 Fax 048-434-6176

「わたしたちのまちと暮らしを考えるシンポジウム」当日スケジュール

13:00 開会あいさつ
13:05 基調講演:高齢者介護の明日を考える〜地域の担い手としての特別養護老人ホーム〜
講師:高橋紘士さん(立教大学コミュニティ福祉学部教授)
14:30 和太鼓どんどこタイム 佐藤健作さん
15:00
パネルディスカッション 「わたしたちのまちと暮らしを考える」

パネリスト 村田幸子さん(ジャーナリスト)
香取照幸さん(厚生労働省老健局振興課長)
西村美智代さん(特別養護老人ホーム「いきいきタウンとだ」施設長
コーディネーター 高橋紘士さん(立教大学コミュニティ福祉学部教授)
総合司会 町亞聖さん(日本テレビキャスター)

目次に戻る
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●