<<1つ前のページへ戻る

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

第11回農法研究会並びに第6回環境保全型農業推進会議全体会を開催します

2004年1月14日
生活協同組合連合会
首都圏コープ事業連合

 生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合(8会員・会員総事業高1,317億円/会員生協の組合員総数70万人)は、1月21日(水)午後1時30分より東京千代田区の赤坂プリンスホテルにおいて、「第11回農法研究会並びに第6回環境保全型農業推進会議全体会」を開催します。

 首都圏コープ事業連合は、農産物の安全性について、生産者に農薬の使用を禁止して使わないことだけを求めるのではなく、農薬の総量を減らし、使わなくても済む条件づくりを、生産者と消費者が共に考えながらすすめる「農薬削減プログラム」を産地の生産者と共に実行してきました。
 この間、食品の偽装事件をはじめ、無登録農薬や残留農薬問題など、農産物に対しても不安が続いています。首都圏コープ事業連合では、食料自給の向上に向けて有機農業を主流にした農業の取り組みと環境保全型農業の実現など、農薬削減に留まらない取り組みをすすめるなか、その一つとして生産された農畜産物の安全性を生産者と消費者で一緒に確認する「公開確認会」を首都圏コープ環境保全型農業推進会議の主催により各地で取り組んで来ました。「公開確認会」は、食の安全の確保に向けた生産方法、生産の履歴、肥・飼料の安全性、流通経路などの確認作業を生産者と消費者が共同ですすめるものとして、この間、全国に広がってきています。

 今回開催される環境保全型農業推進会議の全体会では、2003年度の首都圏コープレインボー基金助成団体6団体による今年度の活動報告を行うほか、千葉大学の松田友義さんをお迎えし、「環境保全型農業を取り巻く課題」と題してご講演いただく予定です。当日は生産者、生協組合員・役職員などおよそ180名が参加し、農業や産直を取り巻く状況について、産地、生産者、消費者、生協役職員が一緒になって理解を深める予定です。

■第11回農法研究会並びに第6回環境保全型農業推進会議全体会
日時 2004年1月21日(水)13:30〜17:00
場所 赤坂プリンスホテル「新緑の間」
東京都千代田区紀尾井町1-2
電話:03-3234-1111
交通 営団地下鉄銀座線・丸の内線「赤坂見附駅」から徒歩1分
営団地下鉄南北線「永田町駅」9-A口隣接
営団地下鉄半蔵門線「永田町駅」7番口から徒歩2分
営団地下鉄丸の内線「後楽園駅」から徒歩3分
講演 「環境保全型農業を取り巻く課題について」
講師 松田友義氏(千葉大学大学院自然科学研究科教授)
1949年北海道生まれ。1981年北海道大学大学院農学研究科単位取得退学。農学博士。2002年千葉大学大学院自然科学研究科教授。大学では農産物流通とITの関係や食品安全性、農産物のマーケティング等について教えています。

*取材いただける場合は、下記までご連絡ください。
首都圏コープ事業連合 運営部企画広報グループ 針生
電話:03-5976-6133 FAX:03-5976-6135

第11回農法研究会並びに第6回環境保全型農業推進会議全体会 資料

●進行スケジュール
13:00 開場
13:30 開会
13:40
首都圏コープレインボー基金報告会
《報告予定産地(順不同)》
レインボー基金4年間の取り組み報告〜レインボー基金運営委員会
山梨おから飼料化会議「採卵鶏における国産大豆おから飼料化実験」
農事組合法人 大牧農場「食品残渣を使用した堆肥の調査分析」
株式会社 野菜くらぶ「飛翔害虫駆除装置〜レタスのオオタバコ蛾対策」
おても会「バイオリサ使用実験〜カミキリムシ対策」
首都圏コープ十勝圏交流協議会「交流拠点作り〜レインボーハウスの建設」
首都圏とんトン協議会「共生食品のおから飼料化実験」
まとめ 中島拓子(首都圏コープレインボー基金運営委員会委員長)
15:15 休憩
15:30 環境保全型農業講演・学習会
「環境保全型農業を取り巻く課題について」
松田友義氏(千葉大学大学院自然科学研究科教授))
16:50 まとめ
17:00 閉会

●首都圏コープレインボー基金
地域の生活者や生産者が循環型社会づくりを進めるための事業化や調査研究、交流、人材育成を行う活動を助成する目的で、首都圏コープ事業連合が2000年度に創設した制度です。
対象となる団体は農業や漁業、環境の分野で活動する首都圏コープグループの生産者・消費者協議会(112団体)、首都圏コープ協力会(270団体)に加入する生産者・消費者団体と企業で、活動に要する運用費用、目的を持った物品購入、事業の立ち上げに対し、1件100万円を限度に2000年度からスタートしました。

※2000年度からの助成団体数と助成金は次のとおりです。

  助成団体数 助成総額
2000年度 9団体 399万円
2001年度 11団体 565万円
2002年度 6団体 282万円
2003年度 14団体 932.7万円
累計 40団体 2,178.7万円

首都圏コープ事業連合では、地域循環型社会づくりに向けた多彩な活動を積極的に進めてまいります。

目次に戻る
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●