<<1つ前のページへ戻る

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

つくろう!ごみゼロ社会
パルシステムは「容器包装リサイクル法」改正署名に取り組みます

2003年12月26日
生活協同組合連合会
首都圏コープ事業連合

 生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合(8会員・会員総事業高1,317億円/会員生協の組合員総数70万人)の無店舗事業パルシステムは、来年1月より「容器包装リサイクル法」改正署名運動に取り組みます。署名の取り組みにあたり12月26日(金)、ホームページに新コンテンツ『「容器包装リサイクル法」改正署名にご協力ください』を、オープンしました。

 「大量生産、大量消費」によってもたらされる廃棄物が増加し続けています。家庭から出るごみも例外ではありません。「産直と環境」を理念に掲げる首都圏コープグループのパルシステムは、組合員の参加による、ビンのリユース、ABパックや紙パックなどのリサイクルに取り組んでいます。

 しかし、私たちを取り巻く環境について見ますと、使い捨て容器が回収されないままごみになっている現実もあります。また、1997年に施行された「容器包装リサイクル法」ではリサイクルが推進されたものの、それにかかる費用は税金によってまかなわれており、消費者もメーカーも「ごみを減らそう」という意識にはなりきれていない現状でもあります。

 パルシステムの首都圏コープ事業連合は「容器包装リサイクル法の改正を求める全国ネットワーク」に参加し、「容器包装の処理費を製品価格に内部化する」ことを求めて、署名運動に2004年1月から3月末までの3ヶ月間取り組みます。来る1月12日(月)から16日(金)、パルシステムを利用する全組合員と首都圏コープ協力会、首都圏コープ生産者・消費者協議会、子会社・関係会社など合わせて合計48万枚の署名用紙を配布し、署名への協力を広く呼びかけます。
 多くの皆さまのご協力をお願いいたします。

●パルシステムの取り組み 詳しくはこちらをご覧ください。





■「容器包装リサイクル法の改正を求める全国ネットワーク」はこちらへ
⇒ http://www.citizens-i.org/gomi0/


目次に戻る
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●