<<1つ前のページへ戻る

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

「KOBE MEMORIAL 1.17 灯りのつどい」が開催されます

2003年12月19日
生活協同組合連合会
首都圏コープ事業連合

 2004年1月17日(土)東京丸の内の東京国際フォーラム地上広場で、「KOBE MEMORIAL 1.17 灯りのつどい」(主催:東京災害ボランティアネットワーク)が開催されます。パルシステムの首都圏コープ事業連合、生活協同組合 東京マイコープも協力します。

 未曾有の被害をもたらした阪神・淡路大震災から9年の月日が経過し、10年目を迎えようとしています。この9年間の間に、私たち市民はどんなことに気づき、どんなことを学んできたのでしょうか?月日は私たちからあの大惨事の記憶を風化させつつあります。しかし、語り続け、耳を傾け、そしてその「言葉」を「思い」を教訓とし、未来へとつなぐことはできないでしょうか?

 阪神・淡路大震災で得た気づきを大切に、そして「いま、わたしたちに、できること。」を考えるための催しが開催されます。
 1月17日は東京国際フォーラムへ、ぜひお出かけください。

いま、わたしたちに、できること。2004 〜KOBE MEMORIAL 1.17 灯りのつどい〜
日時 2004年1月18日(日)10:00〜17:00
場所 東京国際フォーラム地上広場
主催 東京災害ボランティアネットワーク
内容 1.17灯りのつどい、各種体験コーナー(起震車・消火器・応急救護・煙ハウス)、炊き出し、ハンドベル演奏、展示、防災クイズ、防災グッズ展示(販売)等
*灯りは神戸の灯を使います。
*当日は神戸のイベントとインターネットで中継。インタビューなど生のやりとりも予定されています。

同日1月17日(土) 東京国際フォーラム 展示ホール(B)では・・・
第1回 食育総合展
ニッポン食育フェア 開催!
楽しく美味しく、安心な食を考えるために、知って得する情報・食品・暮らしの技などを全国から集めた総合展示会です。子どもから高齢者まで、見て触って食べて楽しむ体験型企画で皆さまをお待ちしています。
こちらにもぜひお立ちよりください。
(地域に根ざした食育推進協議会:http://www.ruralnet.or.jp/shokuiku/

■東京災害ボランティアネットワークセンターとは

 阪神・淡路大震災から3年目の1998年1月設立。阪神・淡路大震災では異なる分野の団体や個人が被災地に駆けつけ、救援活動に携わりました。しかしその活動の多くは大災害の経験がなく、試行錯誤が繰り返されました。円滑な救護活動を行うには、種々の団体、多くの人々が互いに協力しあうことが重要だと誰もが感じました。
 こうした経験から、東災ボは、異なる立場の団体が普段から情報を交換し、ゆるやかなつながりを作るための「場」として誕生しました。もし、東京を大災害が襲ったら・・・、東災ボは普段から「顔の見える関係」作りを目指しています。

*東京災害ボランティアネットワーク:http://www.tosaibo.net/
*1.17 KOBE MEMORIAL 灯りのつどい:http://www.tosaibo.net/tsudoi/2004/index.html

目次に戻る
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●