<<1つ前のページへ戻る

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

11月20・21日 群馬県で「野菜くらぶ公開確認会」を開催します

2003年11月13日
生活協同組合連合会
首都圏コープ事業連合

 生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合(8会員・会員総事業高1,317億円/会員生協の組合員総数70万人)は11月20日(木)、21日(金)の両日、群馬県利根郡において、パルシステムの産直産地「野菜くらぶ公開確認会」を開催します。

 首都圏コープ事業連合では、1999年より、食の安全を確保し、環境保全型農業の推進に向け、生協組合員が文字通り安心できる農産物づくりをすすめるものとして、産地での栽培や生産履歴を生協組合員と生産者が一緒になって、公開の場で確認しあう「公開確認会」を全国ですすめてまいりました。これまで全国35の産直産地で実施し、今回の確認会が36ヶ所目の開催となります。
 この公開確認会を契機として、産地では内部の栽培管理体制を整え、農法のレベルアップを実行するものとして、一方消費者は産地の農薬削減に向けた取り組み努力をきちんと評価し、産直関係の絆をお互いにより強固なものにしてまいりました。先日、開催した「第5回環境保全型農業推進会議全体会」でもその報告がなされました。(http://www.pal-system.co.jp/topics/031027b.html

 首都圏コープ事業連合は、2003年度事業活動方針の第一に安心・安全な商品を組合員にお届けすることを掲げて、今年度、食の安全確保に全力で取り組んでいます。商品が基準どおりに、組合員と約束した中身でつくられているかどうかを管理し、透明性を持って組合員にその内容を公表することに全力を注いでいます。首都圏コープ事業連合の公開確認会の取り組みは、生協における「食の安全」システムづくりに向けた取り組みとしても、この間、生協をはじめ各方面より注目をいただいています。
 2003年度は、5月に行った牛肉産地の北海道「薄農場牛・公開確認会」を皮切りに、全国12の産地で公開確認会を開催する予定で、今回の「野菜くらぶ」は今年度7会場目となります。

■野菜くらぶ公開確認会

日時 2003年11月20日(木)・21日(金)
*公開確認会は20日(木)14時からになります。(13時30分より受付開始)
会場 月夜野カルチャーセンター
群馬県利根郡月夜野上牧1735
電話:0278-20-4040

*お問い合わせ先
首都圏コープ事業連合 産直事業部 交流政策グループ (電話:03-5976-6206)

*取材いただける場合は、下記までご連絡ください。
首都圏コープ事業連合 運営部企画広報グループ 針生
電話:03-5976-6133 FAX:03-5976-6135

首都圏コープ「野菜くらぶ公開確認会」資料

■公開確認会日程
11月20日(木) 13:30〜 受付、資料等閲覧
14:00〜 開会挨拶
14:20〜 公開確認会の説明
監査人紹介・監査について
14:30〜 野菜くらぶより書類にもとづいての説明
(1)産地の理念、産直の歴史
(2)産地の組織、概要
(3)栽培基準、栽培管理について
(4)現在の会の取り組み
16:00〜 事前監査報告
16:05〜 休憩
16:25〜 質疑応答
16:55〜 プレゼンを受けてのまとめ
11月21日(金) 9:30〜 圃場視察(3ヶ所)
10:30〜 工場見学
11:00〜 監査所見
11:30〜 まとめ
12:00 閉会

■確認の主な内容
(1) 書類審査 データの公開と参加者全員による確認
(栽培管理書類をすべて公開し、参加者のヒアリングによる審査)
(2) 組織の有機栽培・減農薬栽培等の生産管理体制審査(システムの審査)
(各生産者への栽培内容が統一されているか等運営審査)
(3) 出荷、流通の審査
(有機農産物、特別栽培農産物と他の農産物が混入する可能性がないか販売、流通管理体制の審査)
(4) 圃場確認作業(現地調査)

■野菜くらぶについて

所在地 群馬県利根郡昭和村赤城原844-15
電話 0278-24-7788
代表 澤浦 彰治
生産者数 36名
首都圏コープとの取引品目 14品目(キャベツ・レタス・ほうれん草・小松菜・ふーど小松菜・ふーどにら・白菜・トマト・きゅうり・ブロッコリー・ロメインレタス・だいこん・枝豆(茶豆)・なす)

目次に戻る
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●