<<1つ前のページへ戻る

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

−2003年度 第2回 『POCO21』読者交流会−
ノンフィクション作家 佐野眞一氏 講演会のご案内

2003年10月29日
生活協同組合連合会
首都圏コープ事業連合

 生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合(8会員・会員総事業高1,317億円/会員生協の組合員総数70万人)は、生協の情報誌『POCO21』の読者のつどいとして「第2回『POCO21』読者交流会」を来る11月21日(金)午後2時より、船橋市の生活協同組合 エル(本郷靖子理事長、組合員数11.6万人/本部:千葉県船橋市)本部会議室において開催します。

 『POCO21』は、“2時間で読み解く、食卓の社会情報誌”をコンセプトに昨年6月に創刊して1年半。生協組合員の皆さまといっしょに、暮らしと社会をともに考える雑誌として2003年11月号まで18号を発刊してきました。
 この度、『POCO21』の編集会議のメンバーであり、大宅壮一ノンフィクション賞受賞者である佐野 眞一氏をお招きし、生協エル本部にて2003年度第2回目の読者交流会を開催する運びとなりました。

 今回は、佐野さんが最近出された『てっぺん野郎 −本人も知らなかった石原慎太郎−』に著された、東京都知事の石原慎太郎氏が体現している政治・父親・家庭について、佐野さんにご講演いただきます。また読者である生協組合員の皆さまとの意見交換の場をもち、交流を深める予定です。

 読者の皆さまはじめ、まだ『POCO21』を購読されていない組合員の皆さまの参加もお待ちしています。当日は会場にて、バックナンバーの販売も予定しております。『POCO21』への理解を深めていただく機会として、たくさんの皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

■2003年度 第2回『POCO21』読者交流会

日時 2003年11月21日(金)午後2時〜4時30分(受付 午後1時30分より)
会場 生活協同組合 エル 船橋本部 会議室
千葉県船橋市本町2-1-1 船橋スクエア21 4階 電話:04-7420-2600
交通 JR「船橋駅」下車 徒歩6分
参加費 無料
定員 80名
保育 あり(10名程度)保育料200円
申込締切 11月18日(火)16:00まで

<お申し込み・お問い合わせ>

生活協同組合 エル 企画運営本部 担当:野口
電話:04-7420-2600
FAX:04-7420-2400


今年7月に開催した第1回読者交流会の模様(2003.7.4 東京文京区にて)
編集メンバーらと意見交換し交流を深めました

■『POCO21』について

食の安全・環境・子育て・教育・介護・お金等あらゆる疑問や問題を分かりやすく徹底解明する「2時間で読み解く食卓の情報誌」です。
(1)「商品事業広報誌」から、生協やNPO運動を支え広げていく「オピニオン誌」的性格を持った情報誌です。
(2)編集会議に気鋭のジャーナリストにも参加していただき、誌面づくりをすすめます。
(3)広告をとらず、商業主義にゆがまない市民派ジャ−ナリズムの確立をめざしています


■佐野 眞一氏 紹介

昭和22年東京生れ。「旅する巨人」で第28回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。本人の言によると「ずっと怪人、妖怪の類ばかり追ってきた」方。『旅する巨人』の民俗学者宮本常一、『巨怪伝』に出てくる読売新聞の正力松太郎や、『カリスマ』で書かれたダイエーの中内功。怪人のような人物たちに関するノンフィクションを書いて近著「てっぺん野郎―本人も知らなかった石原慎太郎―」も現東京都知事を描いた意欲作で、話題。

【主な著書】

東電OL殺人事件(新潮社)
遠い「やまびこ」無着成恭と教え子たちの40年(文藝春秋)
日本のごみ 豊かさの中でモノたちは(筑摩書房)

目次に戻る
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●