<<1つ前のページへ戻る

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

7月18日『環境フォーラム2003』を開催します

2003年6月25日
生活協同組合連合会
首都圏コープ事業連合

 生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合(8会員・会員総事業高1,317億円/会員生協の組合員総数70万人)は、来る7月18日(金)、東京渋谷区の「東京ウィメンズプラザ」において『環境フォーラム2003』を開催します。
 1998年から数えて6回目を迎える今年度の環境フォーラムは、CO2排出量削減に向けた地球温暖化防止の取り組み事例と、3R(リデュース・リユース・リサイクル)について学びます。

 首都圏コープ事業連合は「産直」と「環境」を事業理念としており、毎年6月から7月の2ヶ月間にわたって、会員生協、子会社、お取引先、生産者、組合員も含めて「環境キャンペーン」を行い、アイドリングストップ運動、リユース・リサイクル、石けんの利用普及、環境保全型農業推進の理解などに取り組んでいます。

 7月18日に行う『環境フォーラム2003』も、「環境キャンペーン」の一環として開催するもので、環境問題について理解を深めていこうというものです。
 当日は、「自然エネルギー促進法」推進ネットワーク代表 飯田 哲也氏をお招きし、「自然エネルギーから変わるエネルギー政策 ―地球温暖化防止のために地域からかえよう―」と題して、自然エネルギーの状況と原子力発電についてご講演いただきます。また、石炭や石油を燃やして地球温暖化を進行させたくない、そんな市民の取り組みも紹介する予定です。
 以上と合わせて、2007年度に予想される容器包装リサイクル法の改正に向けて、3R(リデュース・リユース・リサイクル)について学び、リサイクルよりもリデュース・リユースを推進する経済的手法の法制化をめざす取り組みについて展望します。

 環境問題のなかで、最も深刻化している地球温暖化について、私達に何ができるのか、皆さんといっしょに考えたいと思います。
 多くの皆さまのお越しをお待ちしております。

環境フォーラム2003年
日時: 2003年7月18日(金)午後1時30分〜4時30分(開場1時)
場所: 東京ウィメンズプラザ ホール
東京都渋谷区神宮前5-53-67 電話:03-5467-1711
交通: JR山手線・東急東横線・京王井の頭線「渋谷駅」徒歩12分
営団地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」徒歩7分
講演: 自然エネルギーから変わるエネルギー政策
―地球温暖化防止のために地域からかえよう―
講師: 飯田 哲也(「自然エネルギー促進法」推進ネットワーク代表)

*お問い合わせ・お申し込み先
首都圏コープ事業連合 環境推進室(担当:坂野)
電話:03-5976-6133 FAX:03-5976-6135 E-mail:sakano-yuko@pal.or.jp

東京ウィメンズプラザ



目次に戻る
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●