<<1つ前のページへ戻る

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

―創刊1周年記念―
2003年度 第1回『POCO21』読者交流会開催のお知らせ

2003年6月2日
生活協同組合連合会
首都圏コープ事業連合

 生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合(8会員・会員総事業高1,234億円/会員生協の組合員総数66万人)は、「2003年度 第1回『POCO21』読者交流会」を来る7月4日(金)、午後2時より文京区春日の文京区立 茗台区民プラザにて開催します。

 “2時間で読み解く、食卓の社会情報誌”をコンセプトに昨年6月の創刊から1年。生協組合員の皆さまといっしょに、暮らしと社会をともに考える雑誌として14号を発刊することができました。
 この度、創刊1周年を記念して、『POCO21』の編集会議のメンバー、橋本 克彦氏、久田 恵氏、佐野 眞一氏、吉田 司氏のいずれも大宅壮一ノンフィクション賞受賞の面々をお招きし、2003年度第1回目の読者交流会を開催します。

 読者である生協組合員の皆さまの、日ごろの思いや考えに触れると同時に、編集会議メンバーの「私の視点で 今!を斬る」をテーマにしたリレートークを通して交流し、楽しいひと時を過ごします。

 読者の皆さまはもちろん、まだ『POCO21』を購読されていない組合員の皆さまのご参加も歓迎します。『POCO21』への理解を深めていただく機会としていただければ幸いです。バックナンバーの販売も予定しております。
たくさんの皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

*詳しくは下記をご参照ください。


■2003年度 第1回『POCO21』読者交流会
日時:2003年7月4日(金)午後2時〜5時(受付:午後1時30分より)
会場:文京区立茗台区民プラザ 1階ホール
東京都文京区春日2-9-5
電話:03-3817-8304
交通:営団地下鉄丸の内線「茗荷谷駅」徒歩10分
参加費:無料

<お申し込み・お問い合わせ>
首都圏コープ事業連合「POCO21」編集部
電話:03-5802-2433
FAX:03-5802-2434
E-mail:poco21@gpress.co.jp
*不在の場合はこちらへ
電話:03-5976-6133 首都圏コープ事業連合 運営部 担当 臼木(うすき)



■文京区立 茗台区民プラザ



■『POCO21』について
食の安全・環境・子育て・教育・介護・お金等あらゆる疑問や問題を分かりやすく徹底解明する「2時間で読み解く食卓の情報誌」です。
(1)「商品事業広報誌」から、生協やNPO運動を支え広げていく「オピニオン誌」的性格を持った情報誌です。
(2)編集会議に気鋭のジャーナリストにも参加していただき、誌面づくりをすすめます。
(3)広告をとらず、商業主義にゆがまない市民派ジャ−ナリズムの確立をめざしています

【POCO21編集会議メンバーの横顔】
山河を越え、村を歩いて三千里
POCO21編集長 橋本克彦氏

「線路工手の唄が聞こえた」で第15回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。作家活動以外にも東京FMのキャスターなどを歴任。様々な取材、編集経験をもとにPOCO21の制作に力を入れている。「農が壊れる」「うまいものを作る人々」など著作多数。
謎を暴き 通俗の正義を撃つ鬼才
POCO21編集会議メンバー 吉田司氏

水俣に住み込んで青年男女の水俣病患者と「若者宿」を組織。その体験が「下下戦記」となり第19回大宅ノンフィクション賞受賞。大学在学中から小川プロを結成し映画「三里塚の夏」を制作。「宗教ニッポン狂騒曲」「ビルゲイツにあった日」など著書多数。
女・母・作家・時代に抗して立つ
先駆者の視座
POCO21編集会議メンバー 久田恵氏

「フィリッピーナを愛した男達」で第21回大宅壮一ノンフィクション受賞。人形劇「ひとみ座」の台本を書いた事から本格的執筆活動へ。自らの経験を元にした親子関係・介護等著書多数。新聞・雑誌等でも活躍。
人・事件・時代の全貌を抽出する
POCO21編集会議メンバー 佐野眞一氏


「旅する巨人」で第28回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。週刊文春に連載した「ドキュメント日本の性」を改題した「性の王国」で地歩を築く。重厚・徹底した取材で話題の「昭和巨人伝」「カリスマ」最近では「東電ol殺人事件」等話題の著書多数。

目次に戻る
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●