<<1つ前のページへ戻る

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

エルコープのだ中根店がリニューアルオープンします

2003年5月26日
生活協同組合連合会
首都圏コープ事業連合

 生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合(8会員・会員総事業高1,234億円/会員生協の組合員総数66万人)の会員である生活協同組合 エル(本郷 靖子理事長/組合員11.2万人/本部 千葉県船橋市)は、5月30日(金)10時、千葉県野田市中根の「エルコープのだ中根店」をリニューアルオープンいたします。

 生活協同組合エルは昨年4月、旧コープのだ生活協同組合と組織を統合し、新生エルコープとして出発しました。個人宅配とグループ購入の無店舗事業、旧コープのだ生協店舗を引き継ぐ形での店舗事業、その他共済事業、福祉事業など、地域の生活者に支持される事業と活動をめざし、千葉県内11万世帯のネットワークに広がっています。今回リニューアルオープンするエルコープのだ中根店は、旧コープのだ生協の本部店舗として、地元の皆様に長い間、ご支持をいただいてきたエルコープの店舗の中で最も基幹となる店舗となっています。

 今回のリニューアルでは大幅な改装工事を行い、青果・鮮魚・精肉・惣菜・酒類の各コーナーを充実しました。特に酒類のコーナーでは、ワインセラーを導入するなど、温度・湿度を徹底的に管理したおいしいワインや日本酒を提供してまいります。
 また千葉県香取郡山田町の農事組合法人「和郷園」(代表理事:木内博一)と提携し、店内に産直野菜コーナー「風土村」を設けました。「風土村」には生産者の顔が見える減農薬野菜やハム・ソーセージなど大地の恵みを多数取り揃え、地域の条件を生かした地産地消の産直事業を展開してまいります。
 その他、添加物を一切使用せず、小麦本来の風味とおいしさが生きている、生協の無店舗事業「パルシステム」でおなじみの天然酵母パンのお店「ボアードブローニュ」もオープンし、焼きたてのおいしいパンの販売や、電子マイナスイオン水の無料提供も始まります。電子マイナスイオン水は店舗内の青果・鮮魚・惣菜部門でも使用され、商品の製造や加工に活用されます。

 “一人ひとりの組合員、一つひとつの商品に「やさしい」お店”をめざすエルコープのだ中根店。駐車場も利用しやすくなり、広々とした店内では、ますます地域の組合員の皆様にゆったりとお買い物を楽しんでいただけるよう、快適なお買い物空間をめざしてまいります。エルコープは、これまで以上に地元の生協組合員の皆様の暮らしをサポートし、貢献できる店舗をめざしてまいります。

■エルコープのだ中根店

開店日:2003年5月30日(金)午前10時オープン
営業時間:午前10時〜午後10時(冬季10〜3月は午後9時まで)
定休日:年間無休(年始除く)
店長:八島 勲
店舗面積:240坪
住所:千葉県野田市中根193
電話:04-7125-5589

目次に戻る
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●