<<1つ前のページへ戻る

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

組織・運動委員会拡大学習会「食の安全・安心の確保に向けて」を開催します

2003年5月6日
生活協同組合連合会
首都圏コープ事業連合

 生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合(8会員・会員総事業高1,234億円/会員生協の組合員総数66万人)は、5月8日(木)午後3時30分より、文京区の文京区立茗台生涯学習館において、首都圏コープ事業連合組織・運動委員会の主催で「食の安全・安心の確保に向けて」をテーマに拡大学習会を開催します。

 食品安全基本法や食品衛生法改正法案など、食品の安全関連法案の今国会での審議が進められる中、食品安全基本法が4月22日、衆議院本会議で賛成多数で可決され、参議院の審議に移っています。
 食品の安全関連法案の審議に伴い、消費者の食の安全への関心も高まっている折柄、連合会の組織・運動委員会主催による食の安全確保をテーマにした学習会を、希望者を含め拡大で開催するものです。

 当日は、農林水産省関東農政局より、消費者行政専門官の渡辺 宏氏を講師にお招きし、食の安全確保に向けた農林水産省の取り組みとして、リスクコミュニケーション、牛肉のトレーサビリティや表示監視体制、地産地消、スローフードなど、幅広い視点でお話をいただきます。
  1. 首都圏コープ事業連合組織・運動委員会拡大学習会
  2. テーマ:「食の安全・安心の確保に向けて」
  3. 日 時:2003年5月8日(木) 午後3時30分から5時30分(予定)
  4. 会 場:文京区立茗台生涯学習館 7階・学習室Bにて
    東京都文京区春日2-9-5(地下鉄丸の内線 茗荷谷駅より徒歩10分)
  5. 講 師:渡辺 宏氏(農林水産省 関東農政局 企画調整部消費生活課 消費者行政専門官)
  6. 参加費:無料
*首都圏コープ事業連合は、連合会の理事会の下に組織・運動委員会を設置し、同委員会では生協の機関運営と運動に関する意見の反映、首都圏コープグループ全体で取り組む社会的課題や運動課題などの諸課題について企画・調整を行なっています。

取材いただける場合は、予め弊会運営部企画広報グループまでお知らせください。
この件につきましてのお問い合せ、ご連絡は下記までお願い申し上げます。


首都圏コープ事業連合 運営部企画広報グループ 針生
TEL 03-5976-6133
FAX 03-5976-6135
E-mail a137khr@pal.or.jp

目次に戻る
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●