<<1つ前のページへ戻る

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

産直肉加工品の一部に商品案内と違う原料が使用されていたことについて

2002年12月16日
生活協同組合連合会
首都圏コープ事業連合

首都圏コープ事業連合ではこの間、商品管理強化に取り組み、年末・年始商品についても、委託先の製造工場に立ち入り、組合員の皆様に約束した仕様(原材料)で製造されているか、点検を行なってまいりました。
 
1. この点検の中で、一部産直肉加工品用として、生協指定の産直肉が納品されていないことが判明したため、直ちに製造を中止し、改めて産直肉を手当てして製造いたしました。
 
2.

首都圏コープ事業連合では、「案内した原料が使用されていなかったこと」を重大に受け止め、直ちに産直肉の納品状況の総点検を実施いたしました。その結果、以下の商品で産直指定外の国産原料肉の使用が明らかになりました。

尚、今回の件での委託加工先への原料産直肉の納品管理は、首都圏コープ事業連合の子会社である(株)首都圏コープが負っていました。原因の詳細につきましては現在調査中です。
組合員の皆様に深くお詫びを申し上げますとともに、この事実をお知らせし、商品管理の強化に全力をあげて取り組む事を、本日16日より各会員生協からお知らせしております。


指定産地外の産地原料使用が判明した商品と当会の処置

 
(1)

「豚トロ焼肉用」「豚トロ焼肉用(塩ダレ)」

  2002年5月より、「産直豚肉使用」とご案内いたしましたが、6月以降は産直指定外の産地(国産豚肉)が使用されておりました。
(12月4回企画しておりましたが、原料が不足しているため、中止させていただきます。)
(2) 「牛ひとくち焼肉」「牛ひとくち焼肉ガーリック」「牛ひとくち焼肉プルコギ」「牛ひとくち焼肉コチュジャン」
  2001年5月より商品案内で「産直牛モモ肉使用」とご案内いたしましたが、「産直肉を含む北海道産牛肉」が使用されておりました。(年末年始の企画予定はありませんが、一旦中止させていただきます。)
 

また、「豚ホルモンピリカラ味」(2002年5月以降企画分)「豚もつ鍋(醤油味)」(2001年11月以降企画分)については、商品案内表示に問題はありませんが、生協の指定産地以外の原料(国産豚肉)が、一部使用されておりました。利用組合員の皆様にあわせてご報告を行なっております。(年末年始の企画予定は、一旦中止させていただきます)

   
3. 首都圏コープ事業連合は、組合員の皆様にお約束した商品をお届けしていくために、組織をあげて商品の管理を強化してまいります。今後の対応につきましても、引き続き組合員の皆様にお知らせを行なってまいります。
     

<お問い合せ先>
首都圏コープ事業連合運営部 03−5976−6133までお願い申し上げます。



首都圏コープ事業連合 運営部企画広報グループ 針生
TEL 03−5976−6133
FAX 03−5976−6135
E-mail a137khr@pal.or.jp



目次に戻る
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●