<<1つ前のページへ戻る

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

NPO法人 21世紀コープ研究センター寄付講座
立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科公開セミナー
第8回 「企業評価の新しい尺度−戦略的社会貢献とは」を開催します

2002年12月13日
生活協同組合連合会
首都圏コープ事業連合

 生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合(9会員・会員総事業高1,234億円/会員生協の組合員総数66万人)の研究シンクタンク「特定非営利活動法人 21世紀コープ研究センター」(理事長:中村陽一立教大学大学院教授/会員147法人・個人)の寄付で、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科主催による公開セミナー第8回を、来る12月21日(土)、立教大学池袋キャンパスにおいて開催します。

 第8回は「企業評価の新しい尺度−戦略的社会貢献とは」と題し、企業の社会責任やその評価にお詳しく、現在はロサンゼルスで社会責任コンサルタントとしてご活躍の斎藤 槙さんをお迎えしてお話しいただきます。
 現在、市場が企業に求める要素が、メセナやフィランソロピーに表される社会貢献活動から、本業のなかで継続的に社会責任を果たしていく「戦略的社会貢献」へと転換しているなか、「社会責任」が、優良企業の経営戦略のなかで、中心的な位置を占めるようになってきました。
 企業は、良き企業市民として評判を高めることによって、多大な恩恵を社会に、そして企業自からにももたらしています。社会責任の概念がいかに企業と社会にとってプラスか、どうすれば具体的に実践していけるか、企業の社会的責任評価の第一人者である斎藤 槙さんに、アメリカでの先進事例を交えながら語っていただきます。


■NPO法人 21世紀コープ研究センター寄付講座
立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科公開セミナー第8回

日時:2002年12月21日(土)午後3時から5時

会場:立教大学池袋キャンパス8号館304教室(JR・地下鉄池袋駅西口徒歩7分)

*立教大学アクセス
http://www.rikkyo.ne.jp/~koho/univ_data/accessmap/index.html
*池袋キャンパス地図
http://www.rikkyo.ne.jp/%7Ekoho/univ_data/campusmap/index.html

講師:斎藤 槙氏(ASU International代表・社会責任コンサルタント)

テーマ:「企業評価の新しい尺度−戦略的社会貢献とは」

参加費:無料

■斎藤 槙(さいとう まき)氏のプロフィール
ASU International代表・社会責任コンサルタント。東京都生まれ。
豪州および米国にて7年間生活。聖心女子大学卒業後、広告代理店電通入社。

 マーケティング、PR、コーポレート・コミュニケーションを5年にわたり担当した後、ニューヨーク・コロンビア大学国際関係大学院にて修士号取得。専攻テーマは「企業と人権」。その後、ニューヨークを拠点とし、企業の社会責任度調査・格付けを行うシンクタンクThe Center for Responsibility In Business並びに世界労働規格SA8000を認定する組織SAI(Social Accountability International)のリサーチ・コンサルタントとして2年間勤務。

 その後、ニューヨークでインターネットを通じて、世界の企業、NPO、市民をつなぐことを目的としたドット・コム企業の共同設立者として1年活動。
 現在は、ロサンゼルスにて、社会責任コンサルタントをされています。公益学会会員。麗澤大学企業倫理研究センターのプロジェクトメンバー。日本経済新聞の発行する「日経広告手帖」にて、「企業の社会貢献と広告」をテーマに連載を執筆中。私生活では、フィリピンとケニアの子供たちの支援活動をされています。


■お問い合わせ・お申し込み
The 21th C. Co-op research center
特定非営利活動法人21世紀コープ研究センター
事務局 本阿弥早苗 生川友恒 松下桂子
TEL:03-5976-6145 FAX:03-5976-6149
e-mail:coopken@pal.or.jp
ホームページ:http://www.pal.or.jp/coopcenter/top/index.html


■■第7回公開セミナーのご案内■■
日時:2002年12月14日(土)午後3時から5時
会場:立教大学池袋キャンパス 8号館304教室
講師:指田朝久氏(東京海上リスクコンサルティング株式会社 危機管理・情報グループ主席研究員)
テーマ:「危機管理が必要とされる時代のなかで」
参加費:無料
*お問い合せ・お申込は21世紀コープ研究センターまで


*(特活)21世紀コープ研究センターとは
「(特活)21世紀コープ研究センター」は首都圏コープグループのシンクタンク機能として、首都圏コープグループと連携を持ちながら、グループの持つ様々な可能性を追求し、組合員のくらしに役立つ、社会貢献できる生協の創造に向けた調査・研究・提案を行う研究センターとして2000年9月スタートしました。21世紀型生協のあり方を追求する「シンク&ドゥ・タンク」を目標にこの間活動を続け、生協インフラ(組織力・資金力・物流等)の社会的開放や社会貢献活動をより広く地域やコミュニティに推進する研究活動、人材養成を目指す中、、本年9月、東京都よりNPO(特定非営利活動法人)としての認証を受けました。

目次に戻る
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●