<<1つ前のページへ戻る

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

新宿にカリビアンナイト!「フィエスタ・デ・キューバ」に1,500人
第2夜は6日午後7時、八王子市民会館にて開催

2002年12月5日
生活協同組合連合会
首都圏コープ事業連合

 日本とキューバの友好百周年を記念する、キューバ音楽とダンスの夕べ「フィエスタ・デ・キューバ2002」が4日夜、新宿の東京厚生年金会館で開かれ、生協組合員、サルサファンなど1,500人が会場いっぱいに、情熱的なサルサ・サウンドを堪能しました。

 今年は、日本とキューバが交流を開始してから百周年。首都圏コープ事業連合は、キューバ共和国と1998年にコーヒー豆、グレープフルーツ等の交易を開始し、国の違い、体制の違いや文化、歴史の異質性、距離を越えた友好関係を結んできました。今回のコンサートは、日本とキューバの友好百周年を記念し、日本の市民レベルでの記念行事として、首都圏コープ事業連合が主体となり、友好を深めようと開催したものです。

 4日、午後7時から開かれたコンサートには、雨模様にもかかわらず、早くから生協組合員やサルサ愛好家のファンなどたくさんの皆さんが詰め掛け、今回、キューバから初めて来日した人気のシンガー、ホルヘ・ルイス・ロヒータスと彼の率いるバンド「ロヒータス・イ・ス・オルケスタ」への期待の大きさが会場にあふれました。
 コンサートの冒頭、フィエスタ・デ・キューバ2002実行委員会委員長の中島拓子さんの開会の挨拶に続き、ホセ・マヌエル・ガレーゴ駐日キューバ臨時代理大使が挨拶に立ち、「日本の人びとがキューバの文化・音楽・踊りや、有名なアーティスト達と直接ふれ合うことを可能にするこのような機会が、キューバと日本の友好親善の拡大に寄与することでしょう」と両国の友好への期待を述べました。

 コンサートは第1部と第2部の二部構成で、来日した「ロヒータス・イ・ス・オルケスタ」が、洗練されたサルサ・サウンドのナンバー12曲を披露。日本からもサルサの第一人者である武永実花さんが特別出演するなか、リーダーのホルヘ・ルイス・ロヒータスの、音域の広い独特の声と、息の合った11名のメンバーの演奏に、会場のあちこちで踊りの輪がひろがり、カリビアンナイトさながらの、本場のキューバ音楽と情熱的なダンスの夕べとなりました。

 ロヒータス・イ・ス・オルケスタ公演は、明日6日、八王子市民会館でも開かれ、新宿の会場と同様、日本からは、武永実花さんが特別出演します。
 開演は、午後7時から。詳細は実行委員会(03−5976−6133)までお問い合せください。

日本・キューバ友好百周年記念
FIESTA DE CUBA2002・東京厚生年金会館公演速報
実行委員会を代表して開会の挨拶をのべる中島委員長。日本・キューバの末長い友好を記念して開会を告げました
日本とキューバの友好百周年を祝うイベントに、ガレーゴ駐日キューバ臨時代理大使にもご出席いただきました
強烈なラテンのリズムに酔いしれたステージの模様
ステージ終了後行われたサイン会

目次に戻る
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●