<<1つ前のページへ戻る

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

11月15日「佐原農産物供給センター公開確認会」を開催します

2002年11月11日
生活協同組合連合会
首都圏コープ事業連合

 生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合(9会員・会員総事業高1,234億円/会員生協の組合員総数66万人)は、来る11月15日、千葉県香取郡において、「佐原農産物供給センター公開確認会」を開催します。

 首都圏コープグループの公開確認会は、農畜産物の安全性について、生産者と消費者が一緒に確認を進めるものとして、1999年の開始からこれまでに、全国25ヶ所の野菜・果実の産直産地で実施してきました。
 去る10月19日には、東京都内において首都圏コープ事業連合・環境保全型農業推進会議による「第3回環境保全型農業推進会議全体会」を開催し、昨年8月以降に公開確認会を開催した秋田花咲農園、JA山形おきたま、JAいわて花巻など11産地から、公開確認会以降の産地組織と栽培管理の状況、特別栽培の取り組みや、有機認証・エコファーマー等の認証の取得状況、環境保全型農業への具体的取り組み事例など、それぞれ取り組んできた実践事例を発表いただきました。

 このなかでは、公開確認会を開催以降、組織体制、担当が明確になり、栽培基準・管理が体系的、組織的になってきたこと、有機及び特別栽培の認証取得が加速され、認証を取得した面積が着実に増えていること、エコファーマーの認証取得者の増加や環境保全型農業に向けた、土壌くん蒸の削減、農薬削減に向けた取り組みなど、各地からさまざまな事例が報告されました。

 とりわけ、食の安全と環境保全を求める消費者の願いが、栽培基準の遵守と自主管理体制を強め、公開確認会を機に、水稲の航空防除の方向性について地域全体で見直し、消費者ニーズに応えられる体制の整備強化につながってきたことなど、地域のなかで暮らし、安全な農産物づくりを通して、農業と地域社会の将来を変えていこうとする取り組みにまで発展してきていることが報告されました。

 首都圏コープグループの公開確認会は、産地での栽培や生産の状況に関する取り組みが正しく行われているか、生協組合員と生産者、他産地の生産者、専門家、生協立ち会いの下に公開確認する場として、いま課題となっている、一層の食の安全性確保、環境保全型農業の推進、情報公開とトレーサビリティの確立をすすめる上で、全国の生協産直における新しい取り組みとして注目をいただいております。

 11月15日は、午後1時より、香取郡栗源町の「栗源町公民館」において、人参、ホウレンソウなど、近郊野菜の有力な産地である「佐原農産物供給センター」の公開確認会として開催します。
 当日は、地元の生産者、他の地域・団体からの生産者をはじめ、有識者及び研究者、生協組合員・役職員、行政関係者など多数が参加する予定です。

*この件に関するお問い合わせ、取材いただける場合のご連絡は下記までお願い申し上げます。

首都圏コープ事業連合 運営部企画広報グループ 針生
TEL 03−5976−6133
FAX 03−5976−6135
E-mail a137khr@pal.or.jp

首都圏コープ「佐原農産物供給センター公開確認会」資料

1.日 時:2002年11月15日(金)13:00〜17:00
2.会 場:「栗源町公民館」
      千葉県香取郡栗源町岩部3447 電話:0478‐75‐2171
      最寄交通機関:JR成田線「佐原駅」下車
      車の場合:東関東自動車道「大英インター」を降り、東総有料道路「助沢」より5分

■スケジュール
13:00 「公開確認会」開会 あいさつ
13:30 公開確認会の説明、監査人紹介・監査について
14:00 産地より書類にもとづいての説明
(1)産地の理念、産直の歴史
(2)産地の組織、概要
(3)栽培基準、栽培管理について
(4)事前監査報告
15:00 監査人からのヒアリング調査
15:30 圃場見学
16:30 まとめ(17:00終了予定です)

■公開確認会の主な内容
(1)書類審査:データの公開と参加者全員による確認
(栽培管理書類をすべて公開し、参加者のヒアリングによる審査)
(2)組織の有機栽培・減農薬栽培等の生産管理体制審査(システムの審査)
(各生産者への栽培内容が統一されているか等運営審査)
(3)出荷、流通の審査
(有機農産物、特別栽培農産物と他の農産物が混入する可能性がないか販売、流通管理体制の審査)
(4)圃場確認作業(現場調査)
(全圃場検証はできないので代表的な圃場いくつかをピックアップして巡回する)

■参加対象者
(1)各生産者、他団体の生産者
(2)有識者、研究者
(3)首都圏コープ事業連合 生協組合員 職員
(4)(株)ジーピーエス
(5)地域行政関係者 市町村
(6)その他

■公開される資料
(1)圃場台帳 生産者名簿
(2)圃場単位の栽培管理記録表
(3)圃場看板
(4)農産物の出荷、販売実績(面積と整合性がとれるか)
(5)組織図、定款、規約、栽培基準
(6)事前調査結果
事前調査 (株)ジーピーエス・検査官が圃場巡回なども含めて実施します。

*佐原農産物供給センター
代表者:仲橋 正廣
組合員:62人
所在地:千葉県佐原市九美上12−151 電話:0478−59−2777


目次に戻る
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●