<<1つ前のページへ戻る

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

リデュース・リユース・リサイクル推進協議会会長賞を受賞しました

2002年10月24日
生活協同組合連合会
首都圏コープ事業連合

 生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合(9会員・会員総事業高1,234億円/会員生協の組合員総数66万人)は10月23日、イイノホール(東京・千代田区)で行われたリデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰式にて、リデュース・リユース・リサイクル推進協議会会長賞を受賞しました。

 この取り組みは、リデュース・リユース・リサイクル(3R)運動に率先して取り組み、継続的な活動を通じて顕著な実績を挙げている個人、グループ及び、特に貢献の認められる事業所等を表彰することによって、3R事業の促進と、意識の高揚を図ることを目的としているものです。

 11回目となる本年の表彰は、昨年までのリサイクルのみを対象としたものから、リデュース・リユース・リサイクル活動の継続性、規模、独創性等を含めた活動が評価対象とされました。

 内閣府、経済産業省、国土交通省、農林水産省、財務省、厚生労働省、環境省、文部科学省の関係8省の後援で、3R推進協議会会員団体、各都道府県、政令指定都市、建設副産物対策地方連絡協議会を通じて広く募集が行われ、全国から集まった多数の推薦のなかから234の個人、グループが表彰されました。

 首都圏コープ事業連合は日本生活協同組合連合会よりご推薦いただき、1996年2月より取り組んでいるリユースびんや、商品案内、紙パック等のリサイクルについて、目標を算出し、積極的に取り組んだことが評価され、今回の受賞となりました。

*首都圏コープ事業連合の環境への取り組みは、こちらをご覧ください。
環境への取り組み(2001年度環境報告ダイジェスト)../../../../eco/index.html


目次に戻る
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●