<<1つ前のページへ戻る

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

「JAいわて花巻東和支部 公開確認会」を開催します

2002年7月1日
生活協同組合連合会
首都圏コープ事業連合

 生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合(9会員・会員総事業高1,234億円/会員生協の組合員総数66万人)は、来る7月18日・19日の二日間、岩手県和賀郡の「JAいわて花巻 東和支店」において米の公開確認会を実施します。

 この間、ますます関心が高まっている農産物の安全性について、首都圏コープ事業連合では「農薬削減プログラム」を策定し、生産者、消費者の共同作業により6つのアクションプログラムを実行してまいりました。

 その一つとして1999年から「公開確認会」を開催し、農産物の生産に関わる産地データの公開をもとに、栽培管理、圃場、保管状況、流通、精米し商品化までの生産管理体制の確認を生産者、消費者参加により実施してまいりました。これまでに全国の産直産地20会場で行ってきました取り組みを、今年は新たに生産者と消費者による「環境保全型農業推進会議」を主体として、農薬削減にとどまらない取り組みをさらに進めてまいります。

 この公開確認会を契機として産地では、内部の栽培管理の体制を整え、農法のレベルアップを実行してきた一方、消費者は、産地の農薬削減にむけた取り組み努力をきちんと評価し、産直関係の絆をお互いにより強固なものにしていまいりました。

 この間、食品偽装事件の多発により食品への不安が増大している中で、公開確認会を通じた食の安全性の確認、環境保全に貢献した農業づくり、情報公開・トレーサビリティーの確保など、首都圏コープが進めてきた産直の新たな信頼性構築の試みは、社会的にも非常に注目をいただいています。2002年度は、新たに畜産産地も加え、畜産3産地、米2産地、青果5産地の全国10の産地で公開確認会開催をすすめています。

■「JAいわて花巻東和支部」公開確認会
1.日 時 2002年7月18日(木)〜19日(金)
2.会 場 JAいわて花巻 東和支店 2階JAパレスまほろば
岩手県和賀郡東和町土沢6区111番地  電話 0198-42-3114

*取材いただける場合は、下記までご連絡ください。

首都圏コープ事業連合 運営部企画広報グループ 針生
TEL 03−5976−6133 FAX 03−5976−6135
E-mail a137khr@pal.or.jp

7.18 JAいわて花巻東和支部 公開確認会・関連資料

1.首都圏コープグループの公開確認会について

 2001年4月の新JAS法施行後、有機農産物の認証については様々な団体が認証システムを立ち上がり、検査、認証が行なわれています。農水省が制度化した登録団体による第三者認証に対して、それのみに終わらせず関係消費者、関係生産者、流通業者、専門家など多数の人の参加により草の根的に監査を実施する方法として「公開監査」が提起されてきました。首都圏コープ事業連合と生産者でつくる農薬削減プログラム推進会議では「公開監査」を産地の農薬削減にむけた取り組みを評価、検証する一つの手法として取り入れ、産地のデータを公開して、多数の参加者で栽培管理書類や物流、圃場等を確認しています。

 首都圏コープグループの公開確認会は99年度に始まり、初年度2産地、2000年度は5つの青果・米産地で、さらに2001年度は全国12の産直産地で公開確認会を開催し、生協の産直野菜や有機栽培(野菜・米)についての理解を深めてきました。

2.JAいわて花巻東和支部について

所在地 岩手県和賀郡東和町土沢6区111番地
電 話 0198−42−3114
生産物 特別栽培米(無農薬、減化学肥料栽培)
町内畜産農家より堆肥の供給を図り、有機物の投入をしながら有機質割合を高める栽培に取り組んでいます。
生産者 320名

3.公開確認会スケジュール

7月18日(木) 14:00〜 公開確認会開会
14:30〜 (1)公開確認の説明
(2)監査人紹介・監査について 事務局
15:00〜 産地より書類にもとづいての説明
(1)産地の理念、産直の歴史
(2)産地の組識、概要
(3)栽培基準、栽培管理について
(4)事前監査報告
16:00〜 監査人からのヒヤリング調査
17:00〜 まとめ
7月19日(金) 9:00〜 圃場見学
11:30〜 公開確認会のまとめ
12:00〜 終了

4.確認のポイント

(1)書類審査―データの公開と参加者全員による確認(栽培管理書類をすべて公開し、参加者のヒアリングによる審査)
(2)組識の有機栽培・減農薬栽培等の生産管理体制審査(各生産者への栽培内容が統一されているか等運営審査)
(3)出荷、流通の審査(有機農産物、特別栽培農産物と他の農産物が混入する可能性がないか販売、流通管理体制の審査)
(4)圃場確認作業(現地調査)



目次に戻る
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●