HOME
GreenPlazaInformation

<<< 戻る

 産地、取引先各位

農薬取締法改正(3月10日施行)について
コンプライアンス(法令遵守)のお願い


日ごろ、首都圏コープ事業連合の青果産直事業に多大なるご協力・ご理解を賜りましてありがとうございます。

さて、3月10日の農薬取締法が改正され、安全使用基準違反については農薬使用者に対して罰則が適用されるようになりました。

つきましては、以下の点で、法令遵守にむけて徹底していただくようにお願いします。


2003年3月8日
株式会社ジーピーエス 
事業部長 高橋宏通



[1]主な改正点について

改正農薬取締法が2003年3月10日に施行されます。主な改正点は以下のとおりです。
  1. 無登録農薬の製造及び輸入の禁止
    無登録農薬の製造及び輸入を禁止することとし、個人輸入を含めて、水際の監視の徹底をはかる。


  2. 輸入代行業者による広告の制限
    輸入代行業者が、インターネット等を通じて、無登録農薬の個人輸入を勧誘している状況に鑑み、これらの者による広告を制限する。


  3. 無登録農薬の使用規制の創設
    無登録農薬を農作物等の防除に用いることを法的に禁止する。


  4. 農薬の使用基準の設定 適用作物、散布回数、使用方法など
    農薬の使用に伴って、作物への残留の問題が発生することを防止するために、農林水産大臣及び環境大臣は、 使用者が遵守すべき規準を定めることとし、この基準に違反して農薬を使用してはならいこととする。


  5. 法律違反の罰則強化
    農薬取締法の罰則を「飼料安全法」と同レベルまで引き上げる。特に、法人の販売等に係る義務違反について最高刑1億円以下とする。
    【販売に係る義務違反】
     1年以下の懲役  ⇒ 3年以下(自然人)の懲役
     5万円以下の罰金 ⇒ 100万円以下(自然人)/1億円以下(法人)の罰金
    【使用に係る義務違反(指定農薬のみ)】
     3万円以下の罰金 ⇒ 3年以下の懲役、100万円以下の罰金
 ※詳細は農林水産省のページ(改正農薬取締法について)をご覧ください >>


[2]改正についての問題点

今回の法律で、農薬ごとに、使用できる作物、散布回数、使用時期、使用量が定められおり、 それに違反すると罰則が課せられることになりました。

しかしながら、ほとんどの国内の農家に対して、農薬取締法及び、改正法が周知徹底されておらず、 また内容も理解されていないのが現状です。

また、使用できる作物が限られているため、農薬登録の問題により、 農薬取締法どおりでは栽培できない作物が多数存在することを農水省自身もみとめ、 罰則適用については一定の猶予期間をおくことになっています。

※猶予される対象は、マイナー作物で、事前に申請された生産者に限られていますので注意ください。


[3]改正農薬取締法について産地へのお願い

ジーピーエスでは、ほとんどの生産者が同法律を熟知していない点を重くみて、産地で学習会を開催するなど、法律の徹底と完全実施(コンプライアンス)を呼びかけています。

また、栽培使用記録以外に、農薬管理台帳の作成(誰が、どの農薬をいつ購入し、どのくらい所有しているか)を要請し農薬の管理強化に努めています。
  1. 産地で、農薬及び農薬取締法の学習会の開催をお願いします。
    農薬取締法の徹底については、生協産直にかかわる全ての、農家、生産者への同法律の周知徹底が必要です。
    さらに、生産者から親、子、従業者など農薬使用者全員が正しく理解していなければ、使用基準の完全実施はできません。
    必要とあれば、講師はジーピーエスから派遣することも可能です。


  2. 現状の商品カードをチェックして、使用基準違反がないかの再確認をお願いします。
    特に安全使用基準違反がないかの確認を行い。不適合があれば是正をお願いします。

    ※農薬についての適用作物など不明な点は、ジーピーエスに質問いただければ調査しお答えします。


  3. 栽培管理記録(農薬使用記録)の徹底と農薬管理台帳の作成をお願いします。
    全ての生産者が圃場ごとに栽培管理記録を記帳し産地で管理できるようにお願いします。
    ファーマーズ・ネットでの農薬使用記録の管理の徹底をお願いしております。
    また生産者ごとに農薬管理台帳を作成し、誰が、どの農薬をいつ購入し、どのくらい所有しているかを会で集約し、不要農薬や失効農薬の回収を行うことをお願いします。

    ※栽培管理記録、農薬管理台帳の書式等はジーピーエスに相談していただければ参考書式を用意しております。

ジーピーエス、首都圏コープ事業連合では、法連遵守は、産直事業において必須事項であること、産地や生産者の暮らし事業を守るうえでも重要なことであると考えております。 ぜひ、厳密なる実行をお願いします。

以上、質問、不明な点がございましたら、ジーピーエス事業部まで問い合わせのうえ、事業を進めていただくことをお願いします。


PAGE TOP
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

このサイトに関する問い合わせ、質問は下記アドレスまでどうぞ。
Mail:gps@pal.or.jp