パルシステムの農産物を紹介いたします。

食べる人に安全、環境にもやさしい。これがパルシステムの「エコ農産物」

パルシステムでは、科学的根拠に基づいて証明できる「安全、安心」な農産物を目指して、 パルシステム独自の「農薬削減プログラム」を策定し、農薬、化学肥料の総量削減を実現してきました。

一、まず、毒性の強い農薬を排除しました。


日本で登録されている農薬はおよそ 350種類、世界レベルでは約700種以上の農薬が存在します。その中には非常に毒性が強い農薬から、比較的問題がないものなどさまざまです。

パルシステムでは毒性や、環境に対して影響の大きい農薬を科学的に評価し「優先排除農薬」や「問題農薬」と定め、生産者と話し合いながら、削減を進めてきました。

 

エコ・チャレンジの基準

パルシステムの産直産地(千葉県)と一般栽培の比較:人参の場合

栽培ランク

農薬成分回数

千葉県慣行栽培基準

16回

千葉県特別栽培基準

8回

パルシステム 通常栽培

4回以内

パルシステム
エコ・チャレンジ農産物 

0〜2回
(さらに除草剤、土壌薫蒸剤は不使用)


▲ エコ・チャレンジマークは、パルシステムの安全・安心な農産物の目印です。

二、農薬の総量を削減しました。


パルシステムでは農薬や化学肥料を削減するための 栽培実験を繰り返し行い、農薬や化学肥料に頼らない技術を開発し実践してきました。また、産地間の技術交流を進め、地域で環境保全型農業を拡大してきました。その成果により、農薬使用量は一般栽培と比べて大幅に減らすことが可能となりました。


三、除草剤や土壌薫蒸剤なども排除しています。

除草剤を使用した農産物と使っていない農産物では、生産者の手間や苦労は大きく違います。とくに除草剤を使用しない場合、生産者は草取りに追われ、労力は一般栽培の数倍かかります。しかし、除草剤や土壌薫蒸剤は食べ物としての安全面ばかりでなく、土や水などの環境に対する負荷が非常に大きいため、エコ農産物ではこれらの不使用を条件に盛り込んでいます。


▲茨城産直センター井川さん、太陽熱土壌殺菌の人参圃場です。収穫確認。

パルシステム農産物の利用は、

自然環境の保全につながっています。

パルシステムの産直品の利用が広がると……

四、地域への、農薬や化学肥料の散布量が大きく減少します。


環境保全型農業や有機農業は、地域全体で行わなければ成功しません。多数の安定的な消費により、生産者は仲間を増やし、地域で環境保全型農業の運動を拡大することができます。また、パルシステムの生産者が中心となり、地域や行政にはたらきかけることで、水稲の農薬空中散布廃止の運動も地域に広がっています。

いなほに止まる赤トンボ

五、有機農産物の取り組みが拡大します。


パルシステムの農薬削減プログラムの取り組みから、農薬に頼らない栽培技術が開発されてきました。


農薬削減の成果によって有機農法も前進し、パルシステム生産者のなかでJAS有機認証の取得者は現在約 600名。全国の10%を占めています。

栽培確認をするパルシステム組合員
▲産地の栽培内容を確認するパルシステム組合員

六、さまざまな生き物が生息できる環境 が広がります。

ホタルやメダカ、トンボなど、いま多くの貴重な生き物が農薬の使用や環境破壊によって絶滅の危機にさらされています。


パルシステムの産地の田んぼや畑では、これらの生き物が復活し、いきいきと活動できる環境をはぐくんでいます。ホタルが飛び交い、メダカが復活している田んぼも多くでてきました。パルシステムでは全国の有機農家と協同して 「田んぼの生きもの調査」を実施しています。 この調査は、多様な生態系が米作りにもたらす利点を探るだけでなく、組合員やその子どもたちが土や、水、生き物、自然と親しむ機会も創出しています。

田んぼの生きもの調査をする子どもたちの様子
▲子どもたちも参加した「田んぼの生きもの調査」の様子

「食べることで、環境保全に貢献できる!」これが、パルシステムの産直の特徴です。

株式会社 ジーピ―エス
(ジーピーエスはパルシステムの青果産直を担う専門の子会社です。)


ジーピーエストップページへ戻る | バックナンバー一覧

(C)株式会社ジー・ピー・エス  2001 all rights reserved