産直提携事業に関する協定書

 

 生活共同組合連合会首都圏コープ事業連合(以下甲という)、株式会社ジーピーエス(以下乙という)、(以下丙という)、の農畜産物の産直提携事業に関する協定を以下の通り締結する。

 

第1条(目的)

 本協定は、生活者(消費者・生産者を包含する)の健康で安心なくらしに貢献するため、農業の持つ多様な価値を見直し、環境保全・資源循環を基本におき、農と食をつないで、豊かな地域社会をつくることを目的とします。

 

第2条 提携産地の条件 (丙の基準)

 本協定における丙は、以下の基準を満すことを条件とする。

 1、生産者・産地が明らかであること

 2、生産方法や出荷基準が明らかで生産の履歴がわかること

 3、環境保全型・資源循環型農業を目指していること

 4、生産者と組合員相互の交流ができること

 

第3条 相互協力と役割

 甲、乙及び丙は、相互協力により、以下の役割を担うものとする。

 1、計画に基づく安定的な農畜産物の取引に努める。

 2、提携産地の生産、栽培の努力を適切に評価し、相互に納得できる価格での取引を実現する。

甲及び乙は、以下の役割を担うものとする。

 3、消費者の安全な農畜産物を求める立場から、食の安全性に関わる情報や消費者の要望を提供する。

 4、提携産地の、農畜産物の生産及び技術の研究に支援、協力をおこなう。

 5、農産物の加工や流通について、環境への影響の低減と合理的な組み立てに協力する。

 

第4条 取引条件

 取引条件に関しては、関係者間で別途締結する商品取引契約書・覚書等に基づくものとする。

 

第5条 有効期限

 この協定書の有効期限は2005年4月1日から2006年3月31日までとする。ただし、期間満了の1か月前までに当事者のいずれかにより、書面による意義申し出がない場合は、更に1ヵ年延長するものとし、以降もこれに準ずるものとする。

 

 

 

<< INDEXへ戻る