トピックス

豊かな自然あふれる産地、新潟県「謙信の郷」に行ってきました!

豊かな自然あふれる産地、新潟県「謙信の郷」に行ってきました!

2014.09

皆さんこんにちは!ジーピーエス米穀課です。8月2~3日にパルシステム配送担当職員を対象とした「コア・フード米産地招待企画」を開催しました。なかなか産地に行く機会の少ない配送担当の方々にもっと産地を身近に感じ、組合員の方々に魅力を伝えて欲しいという思いから立ち上げた企画で、今回はその第一弾です。

2日はコア・フード米(有機)の圃場視察を行いました。職員からは「アイガモ農法は何故良いのか」「茶碗1杯のご飯は稲何株分か」など様々な質問が出ました。ちなみに!何故アイガモを田んぼに入れるかご存知ですか?アイガモが田んぼを移動することで雑草を踏みつけ土をかき混ぜてくれるため、雑草が伸びるのを防いでいるんです。また、茶碗一杯のご飯は稲約3株分と言われています。

その後、上越市文化財「よしだの谷内」の水辺を訪れ、めずらしいトンボや豊かな植生を見ることができました。生産者の方の「有機の田んぼを続けることでこの環境が守られていると思うととても嬉しい。生き物や植物と触れ合う事がモチベーションに繋がる」という言葉が印象的でした。コア・フード米を食べることは生き物たちのすみかを守ることにも繋がっているのですね。そして1日の締めくくりには有名な長岡花火大会を見学し、上越の夏を堪能しました…
よしだの谷内
3日は農作業体験と研修の報告会を行いました。参加した5名の職員からは「コアフードの苦労や魅力を組合員の皆様に伝えたい」「農業に対するプライドと愛情を感じた」「また是非上越に来たい」などの感想をいただき、存分に謙信の郷の魅力を感じていただけたのではないかと思います。

普段何気なく食べている米一粒一粒に生産者の思いが詰まっている、ということが身をもって体験できた企画となりました。皆様も是非一度豊かな自然あふれる新潟県上越市(謙信の郷)に足を運んでみてはいかがでしょうか!

ニュース一覧へ戻る