トピックス

JAつくば市谷田部 田んぼの学校「稲刈り」

JAつくば市谷田部 田んぼの学校「稲刈り」

2014.10

2014年9月28日。パルシステムの産直産地、JAつくば市谷田部とパルシステム茨城の組合員との交流事業「田んぼの学校」で稲刈りが行われました。

はじめに、JAつくば市谷田部の沖山稲作部会長よりあいさつがあり、参加した組合員と一緒に収穫の喜びを分かち合う一日にしたいと、この日を楽しみにしていたようです。晴れ空の下、参加した約80組の家族が、手に鎌を持ち、腰を曲げながら、昔ながらの稲刈り作業に汗を流していました。
稲刈りの合間、子どもたちはカエルやイナゴ、蛇など、たくさんの生き物がいることに驚き、喜び、無我夢中で田んぼの中を駆け回っていました。
収穫の後は、待ちに待った昼食。谷田部のおいしい野菜やお米を使った料理を生産者と一緒に食べながら、楽しいひとときを過ごしました。
お腹がいっぱいになったところで、「田んぼ」の学校の閉会式が始まり、毎年恒例となっている「バケツ稲コンテスト」の表彰も行われました。
各家族、自慢のバケツ稲を持ち寄って、それぞれの出来栄えを競います。生産者、JA職員、パルシステム茨城、(株)ジーピーエス等による厳正な審査の上、7組の家族が賞を受賞しました。(株)ジーピーエス賞に輝いたのは小西さんご家族。来年も受賞目指してがんばってくださいね!

今年の関東米は天候に恵まれ、豊作でとても美味しいお米が出来上がりました。
ただ、残念ながらお米の消費は年々減少しています。自らお米を作ることで生産者の苦労も知る事ができるこの企画を、これからも継続できるように、“ごはん”を食べる環境を盛り上げていきましょう。

ニュース一覧へ戻る