Theme-4 「産地とのネットワーク」Fnet-産地と消費者が寄り身近に

信頼関係があるからこそのネットワーク

 都市と農村、生活者と生産者が、いつでもどこでも容易に交流することができるようにと開発されたのが「Fネット」(ファーマーズネット)。どのような状況で農産物が作られているかという情報を、コンピュータを通じて、生協・産地・組合員との三者が共有していこうというシステムです。ファーマーズネット産地情報で、産直産地のホームページ画面により、産地の状況、交流の取組みなどが入手できます。産地から届く青果の情報を最大限公開していこうというのも、産地との間に培った強い信頼関係があればこその実現です。

Fネットを活用した組合員と生産者のネットワーク
産地は、Fネットを利用して栽培情報などを提供
組合員は産地情報をFネットで閲覧
組合員と生産者のコミュニケーションがとれる。
お互いがより身近な関係に。

Fネットの導入より、各産地がホームページを気軽に、そして簡単に作ることができるようになりました。組合員にとっては、これまで『マイキッチン』等の商品カタログや「産地システム」の資料画面でしか知ることができなかった生産者の生の情報を、インターネットで好きなときに得ることができるというわけです。産地との間に強い信頼関係を築いてきたからこその取り組みで、消費者と産地のきずなをさらに太いネットワークで結んでいきます。
http://www.farmersnet.net/ [FarmersNet トップページ]